2007年3月28日

[users 7125] Re: クライアントとしての接続方法

こんにちは、平石(J♪)です。

On Wed, 28 Mar 2007 09:37:24 +0900
k-sakamoto <k-sakamoto@xxxxx> wrote:

> 植村様
> 坂本です。

> 今回のFC6では、そこまで必要なくて
> 常時フレッツ・グループアクセスにだけ接続できていれば
> 問題ない状態です。
> NTTの説明ですとサポートはWindowsのみであり
> FC6等は、対象外と言われつつも
> PPTPの接続が可能であれば
> 理論的には、可能ですとのことだったので
> あの様な質問を投げさせてもらいました。

 フレッツのグループアクセスを使用したことがないので、あまり細かい所はわ
かりませんが、単にLNAに接続するだけであれば、何も気にせず通常のネット
ワークを構築すれば大丈夫だと思われます。

> PPTPのサーバを立てるわけではなくダイヤルアップではない(と思う)
> IDとパスワードで接続する方法で検索すると、有料のツールを
> 幾つか見つけたのですが、何か違う様な気がして。。。

 PPTPではなく、PPPoEの設定が必要になるのかもしれません。 これは、使用
しているブロードバンドルータなどでその機能が有効になっていればFC6での設
定は不要(かな?)です。

 もし、ルーターなどを使用せずに直接FC6システムを接続する(FC6をルー
タとして使用する場合も含む)ときは、PPPoEの設定が必要かもしれません。

> Windowsの様なとは言いませんが、
> もっと簡単にできるのではないかと。。。

 GUIが使えて単にPPPoEの設定をするだけならば、それほど難しくないかもしれ
ません。

> >>Windowsで言うところの
> >>「ユーザ名とパスワードが必要な広帯域接続・・・」
> >>と言う様なダイアルアップ(これもダイアルアップと言うのだろうか・・・)
> >>をする場合、デフォルトでできるのでしょうか
> >>それとも何かモジュールをインストールする必要があるのでしょうか?

 以前GUIでテスト的に設定したときは、次の順序で行ないました。

 システム⇒管理⇒ネットワーク

 新規にウィンドウが開きますので、定義を行ないます。

 新規⇒xDSL⇒必要情報入力

 あと、この設定だけですと自分からの発信は問題ないのですが、自分が長時間
使わない場合タイムアウトが発生し回線が切られてしまうようです。

 私は、相手サーバーに対して30秒に一度pingを飛ばすようにして、無通信状
態が発生するのを防ぎました。

 先にも書きましたが、フレッツのグループアクセスを使用したことが無いので
なんともいえませんが、ブロードバンドルータ(PPPoE対応)が貸与されていま
せんか?

 もし有るなら、FC6の設定ではなく、そちらの設定を行なえば問題なく使用で
きるかもしれません。 一度現在の構成を確認された方が早く問題解決できそう
な気がします。

 参考になれば幸いです。

                             −以上−

--
 J♪

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2007年3月28日 11:27
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/56242
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。