2006年12月29日

[users 7093] Re: 2つ目のドメインの設定(bind)

布施です。
FC3,FC4,FC6でbindを稼動させています。

NSで指定するURLは、自身のドメインの中でもよいですし
他所のbindで設定してあるものでもOKてす。
ただし、Aレコードで指定されているものに限ります。
(でないとエラーになると思う)

ちなみに、自分んとこの設定ですが・・・
4ドメインを載せて、すべて他所から引けているようなので、
よろしかったら参考に・・・
※細かい突っ込みどころは満載ですが *^^*
とりあえす、2ドメイン分の設定を記します。
#設定値とか隠してもdigで引けちゃうんですよね :-)

[name.conf]
(前略)
zone "sailine.net" IN {
type master;
※他の項目は省略
};
zone "mceasns.jp" IN {
type master;
※他の項目は省略
};
(後略)
-----
[/var/named/...../sailine.net]
$TTL xxxxx
@ IN SOA ns2.sailine.net. webadmin.sailine.net. (
xxxxxxxxxx ; serial
xxxx ; refresh
xxxx ; retry
xxxxxxx ; expire
xxxx ; default_ttl
)
@ IN MX 5 mailgate.sailine.net.
@ IN MX 10 mailserver.sailine.net.
@ IN NS ns1.sailine.net.
@ IN NS ns2.sailine.net.
eagle IN A 202.171.159.75
ns2 IN A 202.171.159.75
ns1 IN A 202.171.159.74
mailserver IN A 202.171.159.75
mailgate IN A 202.171.159.75
www IN CNAME eagle
-----
[/var/named/...../mceasns.jp]
$TTL xxxxx
@ IN SOA ns2.sailine.net. webadmin.sailine.net. (
xxxxxxxxxx ; serial
xxxx ; refresh
xxxx ; retry
xxxxxxx ; expire
xxxx ; default_ttl
)
@ IN MX 5 mceasns.jp.
@ IN NS ns1.sailine.net.
@ IN NS ns2.sailine.net.
#@ IN NS ns1.mceasns.jp.
#@ IN NS ns2.mceasns.jp.
@ IN A 202.171.159.75
#ns1 IN A 202.171.159.75
#ns2 IN A 202.171.159.74
------

ttlとsoaレコードは1つめのドメインと同じものを設定しています。
また、sailine.netとmceasns.jpのdns設定には、いずれも
ns1.sailine.net
ns2.sailine.net
としてあります。

なお、mceasns.jpではコメントアウトしてありますが
ns1.sailine.net.を使用せずに、ns1.mceans.jp.と設定した場合でも
しっかりと動く(他所から引ける)ようです。

On Fri, 29 Dec 2006 16:23:30 +0900
"osamu" <oosamuuy@xxxxx> wrote:

>  お世話になっております。おさむです。先日よりbindの設定に奮闘しております。
>  bindをインストールして以来、現在は1つのドメインを使って、wwwサーバーやftpサーバーを動かせるようになりました。
>
>  現在、二つ目のドメインを取得して、その設定をしているところなのですが、うまく設定できません。二つ目のドメインも基本的にはゾーンファイルにその新しいドメインの記述をしてゆけばよいということなのだろうと思うのですが、設定最中に様々な疑問が出てきました。
>  一つ目のドメインでは、ネームサーバー名の設定でゾーンファイルの中のレコードに、
>
>
> ns IN A xxx.xxx.xxx.xxx
>
> という、ネームサーバーのホスト名を指定しているのですが、このホスト名は、named.conf中に書かれたゾーン(mydomain.com)のドメインに対して書かれているので、このネームサーバー名は、ns.mydomain.comということになると思います。
> しかし、二つ目のドメインを管理することになると、ns.mydomain.comというネームサーバーで、mydomain2.comというドメインを管理することになるので、この新しいドメインのゾーンファイルではネームサーバー名を別の形で書かなくてはならないと思うのです。
>
> 一つ目のドメインではSOAレコードで、@を使って設定しているので、ns IN A
> xxx.xxx.xxx.xxxとしているのですが、二つ目のオリジナルのドメインとなると、@では設定できないように思いました。
>
> named.conf内では以下のように設定しています。
> ----------------------------------------------
> (その他省略…)
> view "external" {
> match-clients { any; };
> recursion no;
> zone "mydomain.com" { ;一つ目のオリジナルドメインです。
> type master;
> file "mydomain.com.zone";
> // allow-transfer { 192.168.11.100; } ; スレーブサーバーへのゾーン転送許可 (現在まだ未設定です。)
> };
>
> zone "mydomain2.com" { ;二つ目のオリジナルドメインです。
> type master;
> file "mydomain2.com.zone";
> // allow-transfer { 192.168.11.100; } ; スレーブサーバーへのゾーン転送許可 (現在まだ未設定です。)
> };
>
> };
> -----------------------------------------------
>
>
> mydomain2.comのzoneファイルは以下の通りです。
> -----------------------------------------------
> $TTL 86400
> @ IN SOA ns.mydomain.com. root.mydomain2.com.(
> 2006041408
> 7200
> 7200
> 2419200
> 86400 )
>
> IN NS ns.mydomain.com. ;ネームサーバー名
> IN MX 10 mydomain2.com.
> ns IN A xxx.xxx.xx.xxx ;←この設定がどうもわからないのです!
> @ IN A xxx.xxx.xx.xxx ;mydomain2.comのアドレスです。
> www IN A xxx.xxx.xx.xxx ;www用 
> ftp IN A xxx.xxx.xx.xxx ;ftp用
> mail IN A xxx.xxx.xx.xxx ;mail用
>
> ye-sco.com. IN TXT "v=spf1 a mx ~all"
> ---------------------------------------------------
>
>  現在メールサーバーは構築していないので、MXレコードはずさんです。。。
>  小さな自宅サーバーなので、ネームサーバーもwwwサーバー、FTPサーバーもすべて同じIPアドレス中にあります。
>
>  digコマンドで引いてみると、ネームサーバーへのアクセスは可能(一つ目の名前解決ができているので当然ですが…)、二つ目のドメインがaaで引けてこないのです。QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 0,
> ADDITIONAL: 0という状態です。
>
>  現在も尚、本で調べつつ設定しているのですが、いまいちうまくいきません。
> わかる方がいらしたら、ご教授願います。よろしくお願いします。
>
>
>
>
>
>
>
>
>
> _______________________________________________
> users mailing list
> 投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
> 総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
> 過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

---
布施榮一
mailto:fedoraml@xxxxx
http://www.sailine.net
PGP Key ID 0x24E46986
Finger Print BCD2 8058 2AA2 6156 0C80 F731 C86F BB78 24E4 6986

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年12月29日 17:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/52104
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。