2006年12月28日

[users 7087] DMAの設定について

谷口と申します。
いつもお世話になっております。
標記の件にてお尋ねいたします。

稼動中のファイルサーバー(FC5)にてデータ領域が不足して来たため、ディスク
を増設いたしました。
その際、RAIDカード(玄人志向供給のATA133RAID-PCI2)を用いてHD-RAID
(FAKE RAID?)を構築いたしました。

構築後、hdparm コマンドでDMAをONに設定いたしました。
しかし、マシンを再起動すると設定が元に戻ってしまいます。(DMA OFF)
hdparmコマンドのマニュアルを読んでみると、設定を保持するオプションがありまし
た。
#hdparm -k 1 /dev/hd○
しかし、再起動をかけるとはやり設定は元に戻ってしまいます。
現在は、/etc/rc.d/rc.local に hdparm -d1 /dev/hd○ と書いて対処しております
が皆様は如何されているのでしょうか?
また今回のケースは「/dev/hde」という追加HDですが、システムなどをインストール
している「/dev/hda」などは起動時にDMAはONになっております。
これはどこで設定されているのでしょうか?

どなたかご教授頂けませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。


_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年12月28日 06:36
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/52008
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。