2006年12月22日

[users 7084] Re: PPPoE on FC6 で "= ?ISO-2022-JP?B?GyRCRyc+WiUoJWkhPBsoQg==?="?

一点付け加えるのを忘れました。

自分のところはB-fletsで5セッション接続可のオプションです。
通常の接続はルーターで行っておりますが、(2セッション)
ルーターにPPPoEブリッジ機能がありまして、ブリッジONにしてあります。
DCE直にもつなげてありますが、ブリッジONにすることにより、ルーター配下の
セグメントにつながっているマシンからもPPPoEで接続することができます。

※参考までにこんな感じ
DCE-+--ROUTER---+---eth0 ←PPPoEで接続
| | (liunx1マシン)
| +---eth1 ←IPを割り当てて接続
| |
| +---他のマシン1(IPを割り当てて接続)
| |
| +---他のマシン2(IPを割り当てて接続)
|
+---------------他のマシン3(PPPoEで接続)

> 布施です。
>
> GUI設定、CUI設定をしないで、直接設定ファイルを編集して動かしておりますが・・・
> 自分の環境で、提示されたエラーが再現されましたので、参考にしてください。
>
> 自分の環境
> pppoeの接続をflets1として定義
> つまり、
> #ifup flets1
> で、flets1で定義したPPPoEに接続されるように設定
> --- /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-flets1の内容
> (一部省略)
> BOOTPROTO=dialup
> DEVICE=flets1
> TYPE=xDSL
> ETH=eth0 ←ルーターに接続しているnic
> USER='guest@xxxxx'
> ---
>
> --- /etc/ppp/chap-secretsの内容
> (一部省略)
> #"guest@xxxxx" * "guest"
> "guest@xxxxx" "flets2" "guest"
> ---
>
> chap-secretsの2番目のパラメーターはhost名といわれています。
> ここが、ifcfg-xxxと合っていないと接続することができませんでした。
> 上記例では、"flets2"としているのを"flets1"と指定するか
> 上段でコメントにしてある
> #"guest@xxxxx" * "guest"
> をコメントアウトして、host名をワイルドカード指定すると接続されます。
>
> GUIで生成されたchap-secretsの内容を確認してみてください。
>
>
>
>> はじめまして、かわだと申します。
...
> _______________________________________________
> users mailing list
> 投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
> 総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
> 過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/
>

---
布施榮一
by webmail

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年12月22日 16:11
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/51667
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。