2006年10月27日

[users 6938] Re: rsyncのリモートホスト間のデータコピーにつきまして


 こんばんは、前佛と申します。

> また、実は以前primaryを設定は同じ状態のまま本体そのものを新しいマシンに
> 切り替えましてから、secondaryからprimaryのデータ取得(片側のみ)が出来なく
> なりまして、切り替える前までは、このinetd.confの設定で両サーバは互いに
> ミラーリングを行っておりましたので、恐らくprimaryの設定に何かしらの問題
> があるのではないかと思っております。


 投稿で経緯を確認させていただきますと、お考えのように secondary
から primary 側の転送に問題がありそうな気がします。

 根本的な点での確認ですが、プライマリ側の xined では正常にポー
トが開いていますでしょうか。というのも、古谷さんのサーバでは、
rsyncd が実は稼働していて(既にポートを占有されている状態)、
xined 起動時に何かエラーが出ていないでしょうか。コマンド、

# /sbin/servise xinetd restart

でラーが出るようであれば、ログを確認する必要がありそうです。

 つまり、サーバの設定優先上では xined より rsyncd が起動してし
まっていて、接続に関する優先度は /etc/rsyncd.conf のファイル設定
が優先されている可能性があります。


 確認点としては、/var/log/secure や /var/log/messages に何か関
連するメッセージが出ていないでしょうか。よくありそうな点を察する
と、/etc/hosts.deny に ALL:ALL が既述されていて、xined 経由の場
合、単に接続時点で蹴られているだけかもしれません。

 まずは関連するログの確認をおすすめします。もし、ログの内容がよ
くわからなければ、内容を提示していただくことで、メーリングリスト
上の誰かや私もアドバイスできるかもしれません。


 inetd.conf の既述については、何でも良いです。それが識別(サー
バ管理者側)できていて、何のプログラムを実行させようとさせている
のかが分かれば良いので大丈夫です。

 あと、追加でお願いですが、primary 側・secondary 側それぞれのディ
ストリビューション名とバージョン名を提示なされたほうが、他の多く
の方からもアドバイスを受けられるかもしれません(最近の Fedora で
したら inded よりも xinetd を使うのが普通だと思われましたので)。

--
前佛 雅人(Zembutsu Masahito) zem@xxxxx
Pocketstudio.jp Linux Wiki http://pocketstudio.jp/linux/
GPG Key: 0xF093EC1D
GPG Fingerprint: 657B D1B3 7E4F E13B 8653 6E7C AF8D 3D55 F093 EC1D

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年10月27日 22:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/48370
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。