2006年10月 3日

[users 6853] Re: Fedora5 の Xen で Suse をドメイン U にする

平様

ご無沙汰しております。

環境の都合により、ご指導頂いた内容がなかなかできず、
本日からまた元通り検証を行うことができています。

ドメインUへSuse10.1ですが、

ご指導頂いたvifの記載方法で起動ができるようになり、
しかし、インターフェースが軌道しないという事で、
さらに指摘いただいておりましたが、やはり駄目でした。

現在、ドメイン0側のvifがドメインUを起動するたびに
インクリメントされて、なおかつ起動したドメインUの
Suse10.1にはループバックインターフェースしかないという現状です。

ドメインU側でのifconfigは下記になります。
#ドメインUは停止状態。

eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:13:D3:42:D5:12
inet addr:192.168.1.13 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::213:d3ff:fe42:d512/64 Scope:Link
UP BROADCAST NOTRAILERS RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:2616 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:324 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:266595 (260.3 Kb) TX bytes:30336 (29.6 Kb)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:65 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:65 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:4080 (3.9 Kb) TX bytes:4080 (3.9 Kb)

peth0 Link encap:Ethernet HWaddr FE:FF:FF:FF:FF:FF
inet6 addr: fe80::fcff:ffff:feff:ffff/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING NOARP MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:2601 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:338 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:280193 (273.6 Kb) TX bytes:34400 (33.5 Kb)
Interrupt:16

vif0.0 Link encap:Ethernet HWaddr FE:FF:FF:FF:FF:FF
inet6 addr: fe80::fcff:ffff:feff:ffff/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:324 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:2619 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:30336 (29.6 Kb) TX bytes:266833 (260.5 Kb)

xenbr0 Link encap:Ethernet HWaddr FE:FF:FF:FF:FF:FF
inet6 addr: fe80::200:ff:fe00:0/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:2908 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:6 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:249531 (243.6 Kb) TX bytes:468 (468.0 b)

また、/etc/xen/vm/xmsuse は下記になります。

disk = [
'file:/etc/xen/vm/suse.img,sda2,w','file:/etc/xen/vm/swap.img,sda1,w' ]
memory = 256
kernel = '/boot/vmlinuz-2.6.16.13-4-xen'
ramdisk = '/boot/initrd-2.6.16.13-4-xen'
name = 'suse10.1vm'
vif = [ 'mac=00:13:D3:43:D5:12,bridge=xenbr0' ]
extra = '5'

vifをmacの指定を追加し、ドメイン0で表示された
MACアドレスを記載したり、上のように変更したり、
色々・・・でも現象変わらず駄目でした。

非常に低レベルな質問だとは思いますが、
ご指導いただければ幸いです


TAIRA Hajime wrote:
> 平です。
>
>> 平様のご指導のおかげで、起動できました!
>
> おめでとうございます。
>
>> 起動できたのですが、起動したSuseのインターフェースが
>> 起きてくれません。
>
>>>> vif = [ '' ] #ここが特に大事
>>> vif = [ 'bridge=xenbr0' ]
>>> と変更すべきです。
>
> ここがまず原因だと思うので、直してくれよ〜ん。
> SUSEはMACアドレス固定の設定にしないとudevが違う
> NICだと勘違いし
> eth0の番号が増えていくので注意。
>
> .::.:... .::....: .::...:: .::.:.:: .::..:.: .:::..:.
> TAIRA Hajime <htaira@xxxxx>
> web: http://pantora.net/
>
>
> On 2006/09/14, at 13:35, 桝田 典和 wrote:
>
>> こんにちは。
>>
>> 桝田@奈良です。
>>
>> 平様のご指導のおかげで、起動できました!
>>
>> その際の設定ファイルですが、
>> /etc/xen/vm/. へ xmsuse を作成。
>> 内容は、
>>
>> [root@xxxxx ~]# cat /etc/xen/vm/xmsuse
>> kernel = "/boot/vmlinuz-2.6.16.13-4-suse-xen"
>> ramdisk = "/boot/initrd-2.6.16.13-4-suse-xen"
>> memory = 256
>> name = "suse10.1xm"
>> vif = [ '' ]
>> disk = [ 'phy:hda3,hda3,w','phy:hda5,hda5,w' ]
>> root = "/dev/hda3"
>> extra = "5"
>>
>> です。
>>
>> 起動できたのですが、起動したSuseのインターフェースが
>> 起きてくれません。
>>
>> 何か設定しなければいけない事項等ありますでしょうか?
>>
>> Suseに入ってらのインターフェース情報は、
>>
>> dou-suse:ß # ifconfig
>> lo Link encap:Local Loopback
>> inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
>> inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
>> UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
>> RX packets:16 errors:0 dropped:0 overruns:0
>> frame:0
>> TX packets:16 errors:0 dropped:0 overruns:0
>> carrier:0
>> collisions:0 txqueuelen:0
>> RX bytes:1404 (1.3 Kb) TX bytes:1404 (1.3 Kb)
>>
>> になります。
>> ※少し文字化けしています。。
>>
>> よろしくお願い致します。
>>
>> --- TAIRA Hajime <htaira@xxxxx> wrote:
>>
>>> 平です。
>>>
>>> 一度、Fedora Core
>>> 5をドメイン定義ファイルを見直しましょう。
>>>
>>>> vif = [ '' ] #ここが特に大事
>>> vif = [ 'bridge=xenbr0' ]
>>> と変更すべきです。
>>>
>>> また、ドメイン構成ファイルはSUSEの場合、
>>> /etc/xen/vmディレクトリに配置する必要があります。
>>> ※そうしないとYaSTの「仮想マシン管理(Xen)」で管理で
>>> きなくなります。
>>>
>>>> 清水美樹様著書のはじめてのXen
>>> それはXen
>>> 2.0ベースで書かれている本で、設定ファイルの書式が
>>> 一部異なるため、あまり参考にならない。
>>> あと、ページの途中でいきなり文体が変わり読んでいて書籍
>> としては
>>> 一貫性が足りなくいかがなものかと思います。
>>>
>>> .::.:... .::....: .::...:: .::.:.:: .::..:.:
>>> .:::..:.
>>> TAIRA Hajime <htaira@xxxxx>
>>> web: http://pantora.net/
>>>
>>>
>>> On 2006/09/13, at 18:39, 桝田 典和 wrote:
>>>
>>>> こんばんは、はじめまして。
>>>> 奈良@桝田と申します。
>>>>
>>>> この度、表記のFedora5でのXenについて皆様の
>>>> お力をお借りしたいと思いましてMLに投稿致しました。
>>>>
>>>> ドメインUはFC5でアップデートは最新です。
>>>> # yum install xen kernel-xen0 kernel-xenU にて
>>>> Xenの環境はインストールし、ドメイン0での起動も問題
>>>> なく完了致します。
>>>>
>>>> 現在詰まっているのが、ドメインUの方で、
>>>> 同じFedoraを乗せるのであれば、事例も沢山あり、
>>>> 私の方でも成功しているのですが、
>>>> この度諸事情でSuse10.1(OSS)を乗せる事となり
>>>> やっているのですが、うまくいきません。
>>>>
>>>>
>>> 構築方法は、FC5インストール次にFree領域にしておいた
>>>> スペースへSuse10.1をGRUBをインストールしない形で
>>>> インストールし、マルチブート環境を構築。
>>>>
>>>> FC5のGRUBを編集し、インストールしたSuseを
>>>> FC5のGRUBより起動できる事を確認。
>>>>
>>>> 次に、FC5のドメイン0に戻り、
>>>> /etc/xen の下に、"xmsuse"という名前で
>>>> 起動の為のファイルを作成。
>>>>
>>>> ---------【xmsuse】----------------
>>>> kernel = "/boot/vmlinuz-xen"
>>>> ramdisk = "/boot/initrd-xen"
>>>> memory = 256
>>>> name = "suse10.1xm"
>>>> vif = [ '' ] #ここが特に大事
>>>> disk = [ 'phy:,hda1,w' ]
>>>> root = "/dev/hda1 ro"
>>>> extra = "5"
>>>> -----------------------------------
>>>>
>>>> 次にSuseをインストールしたパーティションを
>>>> 一時的にマウントし、/boot以下に、xen用の
>>>> vmlinuz・initrd
>>>> をコピー。
>>>>
>>>>
>>>> 作成した起動ファイルより、
>>>> # xm create -c xmsuse にて起動しようとすると、
>>>> $コマンドの待ち画面になります。
>>>>
>>>>
>>> ※長いですが、最後に上記コマンドを実行して走る内容を記
>> 載
>>>> しています。
>>>> ※この状態で、xm
>>> list してみると起動はしている状態にあ
>>>> ります。
>>>>
>>>> ご教示頂きたい事項としては、
>>>>
>>>>
>>> ・まず、Fedoraの上にSuseを乗せることは可能である
>>> か?
>>>>  SuseはXenに対応する為に、カーネルが特殊だと聞い
>>>> た事も
>>>> あるので。
>>>>  事例的に、Suseの上にFedoraはあっても、逆は見たと
>>>> があり
>>>> ません。
>>>>
>>>>
>>> ・1つめがクリアされているのであれば、私が行っている方
>> 法
>>>> で
>>>>  間違いはないのかどうか?
>>>>
>>>  基本的にリナックスワールドなどの雑誌や、清水美樹様著
>> 書
>>>> の
>>>>  はじめてのXenを参考に行っております。
>>>>
>>>>
>>>>
>>> その他どのような情報でも結構ですので、頂ければ幸いです
>> 。
>>>> よろしくお願い致します。
>>>>
>>>> -------------ここから起動--------------------
>>>> [root@xxxxx ~]# xm create -c xmsuse
>>>> Using config file "/etc/xen/xmsuse".
>>>> Started domain suse10.1xm
>>>> Linux version 2.6.16.13-4-xen (geeko@xxxxx)
>>> (gcc
>>>> version 4.1.0 (SUSE
>>>> Linux)) #1 SMP Wed May 3 04:53:23 UTC 2006
>>>> BIOS-provided physical RAM map:
>>>> Xen: 0000000000000000 - 0000000018000000 (usable)
>>>> 0MB HIGHMEM available.
>>>> 392MB LOWMEM available.
>>>> ACPI in unprivileged domain disabled
>>>> IRQ lockup detection disabled
>>>> Built 1 zonelists
>>>> Kernel command line: root=/dev/sda6 5
>>>> Enabling fast FPU save and restore... done.
>>>> Enabling unmasked SIMD FPU exception support...
>>> done.
>>>> Initializing CPU#0
>>>> PID hash table entries: 2048 (order: 11, 32768
>>> bytes)
>>>> Xen reported: 2792.998 MHz processor.
>>>> Dentry cache hash table entries: 65536 (order: 6,
>>> 262144
>>>> bytes)
>>>> Inode-cache hash table entries: 32768 (order: 5,
>>> 131072
>>>> bytes)
>>>> Software IO TLB disabled
>>>> vmalloc area: d9000000-fb7fe000, maxmem 33ffe000
>>>> Memory: 378880k/401408k available (1915k kernel
>>> code,
>>>> 14056k reserved,
>>>> 651k data, 176k init, 0k highmem)
>>>> Checking if this processor honours the WP bit even
>>> in
>>>> supervisor mode... Ok.
>>>> Calibrating delay using timer specific routine..
>>> 6987.28
>>>> BogoMIPS
>>>> (lpj=13974562)Security Framework v1.0.0
>>> initialized
>>>> Mount-cache hash table entries: 512
>>>> CPU: Trace cache: 12K uops, L1 D cache: 16K
>>>> CPU: L2 cache: 2048K
>>>> Checking 'hlt' instruction... OK.
>>>> checking if image is initramfs... it is
>>>> Freeing initrd memory: 5518k freed
>>>> Brought up 1 CPUs
>>>> migration_cost=0
>>>> Grant table initialized
>>>> NET: Registered protocol family 16
>>>> Brought up 1 CPUs
>>>> PCI: setting up Xen PCI frontend stub
>>>> ACPI: Subsystem revision 20060127
>>>> ACPI: Interpreter disabled.
>>>> Linux Plug and Play Support v0.97 (c) Adam Belay
>>>> pnp: PnP ACPI: disabled
>>>> xen_mem: Initialising balloon driver.
>>>> PCI: System does not support PCI
>>>> PCI: System does not support PCI
>>>> TC classifier action (bugs to
>>> netdev@xxxxx cc
>>>> hadi@xxxxx)
>>>> audit: initializing netlink socket (disabled)
>>>> audit(1157696853.886:1): initialized
>>>> VFS: Disk quotas dquot_6.5.1
>>>> Dquot-cache hash table entries: 1024 (order 0,
>>> 4096 bytes)
>>>> Initializing Cryptographic API
>>>> io scheduler noop registered
>>>> io scheduler anticipatory registered
>>>> io scheduler deadline registered
>>>> io scheduler cfq registered (default)
>>>> rtc: IRQ 8 is not free.
>>>> PNP: No PS/2 controller found. Probing ports
>>> directly.
>>>> i8042.c: No controller found.
>>>> Floppy drive(s): fd0 is unknown type 15 (usb?),
>>> fd1 is
>>>> unknown type 15
>>>> (usb?)
>>>> Failed to obtain physical IRQ 6
>>>> floppy0: no floppy controllers found
>>>> RAMDISK driver initialized: 16 RAM disks of 64000K
>>> size
>>>
>> === 以下のメッセージは省略されました ===
>>
>> _______________________________________________
>> users mailing list
>> 投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
>> 総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
>> 過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/
>>
>>
>
> _______________________________________________
> users mailing list
> 投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
> 総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
> 過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/
>
_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年10月 3日 12:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/47004
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。