2006年9月10日

[users 6769] "/usr/bin/ld: cannot find -lpam"のエラーについて

広瀬と申します。

FC5にproftpd-1.3.0rc5をソースからインストールしようとし、makeした
ところ、以下のようなエラーがはき出されました。

[root@xxxxx proftpd-1.3.0rc5]# make
cd lib/ && make lib
make[1]: Entering directory `/root/proftpd-1.3.0rc5/lib'

〜中略〜
/usr/bin/ld: cannot find -lpam
collect2: ld returned 1 exit status
make: *** [proftpd] エラー 1
[root@xxxxx proftpd-1.3.0rc5]#

調べたところ、似たようなもので、"/usr/bin/ld: cannot find -ltiff"や、
"/usr/bin/ld: cannot find -lstdc"などで同様な事象があることは解り
ました。また、ldコマンドについて-lオプションの意味について確認し、
上記のエラーの場合、-lpamで問題起こしているため、PAM関連でな
にかしらの問題が発生していることまでは突き止めました。

以前から、Proftpdをインストールする際に、./configureで以下のオプシ
ョンを指定していました。

./configure --sysconfdir=/etc/proftpd --with-modules=mod_auth_pam
--enable-pam --enable-shadow

./configure --sysconfdir=/etc/proftpd --enable-shadow

とPAMを使用しない(あまりよろしくないんですが)方式に切り替えたと
ころ、make後もすんなり行くようになりました。

話は戻りますが、エラーの内容は/usr/bin/ld: cannot find -lpamは、
ld(/usr/bin/ld)は-lpamが見つけられなかったと行っていると思います。
同様に、"/usr/bin/ld: cannot find -ltiff"なども同じだと思います。
ただ、1点気になるのは、"/usr/bin/ld: cannot find -ltiff"の場合には、
-ltiffというのはtiffライブラリを示していると某MLで書かれておりました
が、-lpamも同様に同じことをさしているのでしょうか?

もし、そうだとすれば-lpamはどのライブラリをさしているのかご存じな方
いらっしゃいましたら教えていただければと思います。認識間違いをして
いる場合にもツッコミお願いします。

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年9月10日 00:42
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/45745
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。