2006年8月 7日

[users 6690] ディストリビュージョンの選定について

江田と申します。

Fedoraの話題ではないのですが、お力をいただければ幸いです。

現在、LAMP構成で開発するシステムをサーバに
バンドルしてお客様へ設置して販売する計画を
すすめております。
それに伴いディストリビュージョンの選定について

RHELにするべきか
CentOSにするべきか
迷っております。

RHELはベンダーからサポートを受けられるので
そうすることに越したことはないのですが、
年間サポート費用を負担してもらうことになるのが
サーバ販売のネックになるのではないかと危惧しております。

サーバのサービス構成としてはHTTPサーバとSMTP/POPサーバ、
DNSサーバを予定しております。
私自身このような構成はCentOSで自宅でも運営しており、
運営やサポートに自身を持っているつもりですが、
業務としてサーバを納品する以上、バックボーンのサポート
体制を背負った方がいいのかなという不安を持っているのも
本音です。

こちらの皆さんは技術的にも熟知されている方は
たくさんいらっしゃると思いますが、そのような方々も
納品されるLinuxはベンダーサポート付のディストリを
選択されるのでしょうか?
またベンダーサポートはそれだけの価値はあるのでしょうか?


長々としてしましたが、
ご意見、ご指摘など頂けませんでしょうか?
よろしくお願いします。

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年8月 7日 12:04
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/43532
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。