2006年7月26日

[users 6688] [FYI] quagga の仕様変更

松元です。

Linuxで経路情報の設定にRIPを使っている方もいるかと思いますが、Fedora
Core 5で、yum updateにquaggaの更新が入ったようです。

quagga-0.98.5-4 -> quagga-0.98.6-1.FC5

そしたら一部環境でripdが 経路情報を受信してくれなくなったようです。


remote で yum updateするとハマリますのでご注意あれ。

今回の更新でRIPの認証回りの仕様が変わったんですかね? (英語なのでよくわ
からんですが。)

http://www.quagga.net/

どうもRIP認証が無いと経路情報を受信してくれないようです。試行錯誤した
結果、次のように設定したら認証が無効になるようですが。

no ip rip authentication mode

まぁ、本来なら認証を導入しろという事かもしれませんが、手抜き対策という
事で。

--
松元隆二 E-mail: matumoto@xxxxx
_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年7月26日 16:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/42948
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。