2006年7月23日

[users 6676] ボリュームラベルについて

広瀬と申します。

現在FC4を利用していますが、このほどHDDを増設した際に
誤った操作をしたためにちょっと困ったことが起きています。

SATAのHDDなので、/dev/sd*の認識になりますが、fdiskとmkfsを
行った後にe2labelコマンドにてボリュームラベルを付与しました。
その際に通常ならば


e2label /dev/sda1 volname   ←sda1

とすべきところを

e2label /dev/sda volname ←sda

としてしまいました。一般的なマウント方法の

mount -t ext3 /dev/sda1 /mnt/example

であれば問題なくマウントされるのですが、ボリュームラベルを利用
したマウントを使用すると

[root@xxxxx ~]# mount -L volname -t ext3 /mnt/example
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sda,
missing codepage or other error
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so

[root@xxxxx ~]#

といった具合にエラーが出されてしまい、マウントが実施出来ません。
再度fdisk/mkfsを実施してもこの現象が改善されず、

[root@xxxxx ~]# e2label /dev/sda
volname
[root@xxxxx ~]#
を実行すると、誤った操作にて付与してしまったボリュームラベルが表
示されておりラベルが消えません。

このような場合、完全にラベルごと消すにはLinux上で可能な方法は
あるのでしょうか?tune2fsなども用途としはラベルを消す動作が無い
ように思えます。
訳あってPCから外すのは避けたい部分があります。考えられるのは
各HDDメーカーから出ているフォーマットツールなどでしょうか・・・その
くらいしか思いつかないのですが、何かよい手がありましたら教えて
いただければと思います。

情報に不足があればご指摘お願いいたします。以上です。


_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年7月23日 13:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/42552
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。