2006年6月 7日

[users 6639] Re: マルチセッッションにおける rp-pppoe のDEMAND接続について

柴です
ひかり電話の通信はipv6を使用し、
通話自体に関しては他の2セッションを張ることが可能なのですが、
ひかり対応機器「起動時に」情報取得の為に1セッション
必要であると確認しています。

したがって、起動時にひかり電話用に1セッション確保しないと、
電話を使用することができません。


なので、ひかり対応機器とルータ・サーバ機器の順序を間違わずに
起動しなければならず、また、ひかり対応機器の電源を抜いてしまった場合、
ルータの1セッションを切断してから
電源を入れないと、電話が使用できない状態となってしまいます。

私が常時在宅していれば良いのですが、他の家族に起動順や
サーバのセッションを1つ切れと言えません。

>demandにした方のセッションで突然ページが見れなくなり、
>ナニが原因か悩んだことがあります。
>おそらく、意図してdemandにしている方は少ないのではないかと・・・
そうですか・・・
やはり、ルータ・F/WはNTT機器に移行したほうが良さそうですね。
ルータ・F/Wに関してNTT機器に任せておけば、
多分最初にひかり電話の設定を行い、その後demandでなくても
2セッションを作成するようにしてくれるのですよね。

デマンド接続は成功された時の設定は
DEMAND値を設定されただけですか?
恐れ入りますが、私の最初のメール内の設定内容について
他に設定しなければならないことが
ありましたら、ご教示いただけますか?


EiichiFuse さんのメッセージです (2006/06/07 13:05):

>布施です。
>
>ひかり電話とpppoeの接続は併用可ですから、
>2セッションを維持したままで電話を受ける、かけることが可能です。
>なので、わざわざ1セッションをdemandにする必要は無いと思われます。
>
>以前、demandにして運用したことがあります。
>(これは意図せずに)
>demandにした方のセッションで突然ページが見れなくなり、ナニが原因か悩んだ
>ことがあります。
>おそらく、意図してdemandにしている方は少ないのではないかと・・・
>
>
>On Tue, 06 Jun 2006 12:50:46 +0900
>"Shiba,Ryota" wrote:
>
>
>
>>柴です
>>
>>
>...
>
>
>>後者の方法が良いと思いますが、rp-pppoeのDEMAND接続も運用可能であれば
>>もう一つの選択肢として、
>> ・ブリッジ接続にして、フレッツスクエアにはrp-pppoeのデマンド接続を使用する
>>というのもあり、運用の選択の幅が広がります。
>>
>>ですので、純粋にrp-pppoeのDEMAN値を設定した場合の運用方法も
>>知りたいと思います。
>>
>>
>
>---
>布施榮一
>mailto:fedoraml@xxxxx
>http://www.sailine.net
>PGP Key ID 0x24E46986
>Finger Print BCD2 8058 2AA2 6156 0C80 F731 C86F BB78 24E4 6986
>
>_______________________________________________
>users mailing list
>投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
>総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
>過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/
>
>


_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年6月 7日 15:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/37335
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。