2006年4月20日

[users 6596] Re: FC5:VFATのcodepageとiocharsetについて

自己フォローです。

全くフォローがつかないのは、FedoraでEUCロケールを使おうなどという方はも
はや皆無に近いということなんでしょうか。

問題の件ですが、試しにkernel.orgの素のカーネル(linux-2.6.16.9)をビルド
して起動してみたら、意図した文字コードでファイル名が表示されました。

ということで、文字化けの対処として、カーネルの入れ換えというのは少々大げ
さな気もしますが、一応の解決(?)をみたので、報告しておきます。

ちなみに、問題はカーネルの設定にあるのかと疑い、FC5のカーネルの設定で関
連しそうな部分を確認したところ、

CONFIG_FAT_DEFAULT_CODEPAGE=437
CONFIG_FAT_DEFAULT_IOCHARSET="ascii"
CONFIG_NLS_DEFAULT="utf8"  ( ← こいつがあやしいと思った)
CONFIG_NLS_CODEPAGE_437=y
CONFIG_NLS_CODEPAGE_932=m
CONFIG_NLS_ASCII=y
CONFIG_NLS_UTF8=m

となっていたので、素のカーネルの設定をこれに合わせてみたら症状が再現する
か…と思いきや、これまた問題無く、意図した文字コードでファイル名が表示さ
れました。

Fedoraのカーネルにあたっているパッチが何らかの悪さをして、mountのオプ
ション指定を無効にしてしまってるんでしょうか。


TOYAMA Shin-ichi wrote:
> VFATのパーティションをマウントする際、
>
> # mount -t vfat -o codepage=932,iocharset=euc-jp /dev/hda5 /mnt/vfat
>
> という風にマウントしても、lsコマンドで表示されるVFAT上の日本語ファイル名
> がutf-8で出力されてしまいます。

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2006年4月20日 01:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/35112
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。