2006年2月15日

[users 6428] Re: データ復旧について

平です。

ソフトウェアRAIDの場合、いくらRAID1でも、
リブートかけてfsckかけちゃうと治らないんだよね。

RHEL3の場合、raidtoolで障害のあったディスクをFailさ
せて、
RAIDボリュームをアンマウントします。

再度リードオンリーマウントするとデータリカバリができました。

まず冷静に損失したデータの重要度と価値を把握しましょう。
その価値が100万円以下ならばあきらめましょう。

RAIDはバックアップではありません。単なるディスク障害対策です。

.::.:... .::....: .::...:: .::.:.:: .::..:.: .:::..:.
TAIRA Hajime (for fedora)
web: http://pantora.net/


On 2006/02/15, at 21:24, 谷口 公啓 wrote:

> 皆様こんにちは。
> いつも参考にさせて頂いております。
> キミヒロと申します。
> 標記の件に付き、アドバイスを頂けたらと思い投稿させていただきま
> す。
>
> 先ず状況から。
> LAN内に、DELL PowerEdge SC420(OS:RedHat Linux
> EL3)を設置し、これを
> ファイルサーバを主目的として運用しております。
> ファイルサーバーはSamba 2.2.11-ja-1.0で、ドメインコント
> ローラとしても使用し
> ております。
> 先日、あるファイルをクライアントPC(Win2000)から開こ
> うとすると、エ
> クスプローラの反応が異常に遅くなる(一般ユーザーにはPCのフ
> リーズのように感
> じられる)事態が発生しました。
> sambaの不調なのかと軽く考え、サーバーを再起動しました。
> すると、その原因と思われるファイルを含むフォルダ(上層・下層部
> 分も含む)が全
> て一つの判定不明ファイルとなってしまいました。
> #ls -agl
> ・・・・・・・
> ?rwS-w--wT 9 root 33554432 1月30  1971 
> (元のフォルダ名)
> ・・・・・・・
> /var/log/messages を調べてみると、問題と思われるファイルにアク
> セスした時に以
> 下のエラーが出ていました。
> ・・・・・
> (日時 サーバー名) kernel1: scsi1:ERROR on chanel 0, id0,lun
> 0,CDB:Read(10) ファイル名
> (日時 サーバー名) kernel1: Current sd08:17,
> sense key Medium Error
> (日時 サーバー名) Additional sense indicates Unrecover read
> error - auto
> reallocate failed
> (日時 サーバー名) I/O error: dev 08:17,sector 10080
> ・・・・・
> この後、再度サーバー機をリブートしたところ(理由は特にありませ
> ん。心神喪失状
> 態だったかも知れません)、ブート時にオートでfsckがかかっ
> たので、全て「y」と
> してマシンを起動させました。
> 問題のパーティションの「lost+faund」に残骸が移り、マシン
> は正常に(データは喪
> 失されましたが)起動されました。
> バックアップデータをリストアしましたが、上記のエラーが5日程ま
> えからでてお
> り、リストアしたデータ(フォルダ)は、やはり認識されませんでし
> た。
>
> 現状:
> マシンは2つの同メーカ・同サイズのHD(SCSI)を内蔵してお
> り、それぞれを
> 6つのパーティションに区切っています。
> さらにそれぞれを対応させて、それぞれソフトウェアraid1
> (ミラー)で運用してい
> ます。
> 問題の起こったパーティションはraidのエラーは発生しており
> ませんでしたが、現在
> umountしております。
> また、生き残ったデータはLAN内のクライアントPCにコ
> ピーして保全しました。
> (現在問題のサーバー機はドメインコントローラーとしてのみ作動し
> ています。)
>
> 原因究明もさることながら、今は何とかデータ復旧を検討している段
> 階です。
> 現在のところ、
> 1)AOSテクノロジーズ社の「ファイナルデータ2006 特
> 別ネットワーク版」を導入
> し、データ復旧を試みる。
> 2)いらざる足掻きは止め、データ復旧業者に全てをゆだねる。
> を考えていますが、コストパフォーマンスを考慮しどのようにすれば
> よいか、アドバ
> イスをお願いいたします。
> (バックアップ体制の不備につきましては、甘んじてご批判を受けさ
> せていただきま
> す。)
>
> 技術の未熟と、データ復旧のプレッシャーにより、皆様に相談する際
> の情報が不足し
> ていると思いますが何卒宜しくお願い申し上げます。
>
>
>
>
>
>
>
>
> _______________________________________________
> users mailing list
> users@xxxxx
> http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
>
>

_______________________________________________
users mailing list
users@xxxxx
http://fedora.jp/mailman/listinfo/users

投稿者 xml-rpc : 2006年2月15日 22:29
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/31724
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。