2008年7月28日

[ubuntu-jp:998] Re:お詫びと活動自粛

小林です。

須々木さん、お手伝いありがとうございました。デモ用PCのご提供、およびブー
スに立ち寄られた皆さんへの丁寧なご説明ありがとうございました。

本名でご自分の失敗を公にすることは、ずいぶん勇気のいることだったのではな
いかと思います。他のメンバーの見解にもよりますが、私としては活動の自粛な
どの必要はまったくないと考えています。須々木さんの貢献は、些細な失敗など

補って余りあるものです。その掲示板は見つけることができませんでしたので詳
しい内容は分かりませんが、気にしすぎないでください。

もし、それでも代償が必要だとお考えならば、より一層のご協力をお願いしま
す。Ubuntuの利用者にとって、それが最も良いことだと思います。

とくに、再び京都でOSCや他のイベントを行うことになった際はぜひよろしくお
願いします。須々木さんの上手な説明があるかないかで、ブースに来られた方の
満足度は大きく違うはずです。

以上、今後ともよろしくお願い致します。


2008-07-28 (月) の 13:54 +0900 に 須々木 俊太 さんは書きました:
> On 2008/07/28, at 11:07, edry(えどりぃ) wrote:
> > 凹みモード中なのは理解しました。気にするなってのは無理があ
> > るだろうけど、
> > あまり寝てたこと強調しちゃうと講師していた人がつまらない話
> > していたのか
> > と思われちゃうので程々に。(笑)
> 講師の話は大好評でした。当日の会場でも講習後にブースに立ち
> 寄ってくれた人たちも面白かったとの話を頂いております。それな
> のに、、、、。
>
> > そして、チームメンバーならこういった失態はしませんと言いす
> > ぎちゃうのも、
> > プレッシャーになっちゃうので程々に。(笑)
> チームのメンバーの方々も疲れているのは一緒。にも関わらず私だ
> けがしでかしたミスですので、、、。私をチームのコアメンバーと
> 勘違いしたひとが、ubuntu全体にマイナスイメージを持つの
> が怖かったものですから、、、。
>
> > もう一つ気になったのは、今回の件で責任感じているならば関係
> > ないとは言わず、
> > そこから次へ繋げてほしいと思っています。態度が問題であった
> > ということから
> > 自分を攻めるだけならば個人攻撃でしかありません。
> 実は突然眠くなって意識を失ってしまう病気のようなものかもしれ
> ないので、今後参加すると同様の失態を晒すのではないかと不安に
> なった次第です。
>
> > 今回の件をコミュニティの皆に告げたいと思うのは、自分がコ
> > ミュニティの一員
> > であるという自覚があるからでしょ。
> >
> > そのチームとかそうでないとかというのは、私もどうなのかはっ
> > きりしていない
> > と思っているのですが、そういうことはあまり関係ないので、自
> > 分が参加したい
> > と思う限りは、その中でよりよい関係を築くために活動すること
> > が許されている
> > とうことを知っていただきたいと思います。
> ありがとうございます。今回はあくまで私個人の問題であることを
> 知っていただきたくて投稿しました。それさえ解って頂ければと思
> います。勿論今後も貢献出来ることは貢献してゆきたいと思います。
>
>
--
Jun Kobayashi
E-mail: jkbys@xxxxx
jkbys@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2008年7月28日 18:22
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75740
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。