2012年6月25日

[ubuntu-jp:4168] Re:すでにビルドされているバイナリーの挙動が、ライブラリの開発用パッケージのありなしで変わる問題

あかべさん、どうもありがとうございます。

件名に関してですが、その後Debian SIDのパッケージの更新があり、バグ報告す
るまでもなく解決してしまいました。このパッケージが現在のQuantalにも下り
てきているため、Ubuntu側でも解決しています。
https://launchpad.net/ubuntu/+source/unicap

バグに気付いてから文字通りあっと言う間の出来事で驚きました。

みなさんお騒がせしました。


坂本 貴史
o-takashi@xxxxx

(2012年06月20日 16:59), Koichi Akabe wrote:
> こんにちは。あかべです。
>
> On Wed, 20 Jun 2012 13:50:39 +0900
> Takashi Sakamoto <o-takashi@xxxxx> wrote:
>
>>
>> 今回、ライブラリ「libunicap2」を利用したソフトウェアをビルドしました。
>> ビルドのためにライブラリのヘッダファイルなどを含むパッケージ
>> 「libunicap2-dev」をインストールしました。
>> ビルドは無事に終わり、作成されたバイナリーの動作も期待通りでした。
>> ここで、「libunicap2-dev」をアンインストールしたところ、ビルド済みのバイ
>> ナリーの挙動が変わってしまいました。
>>
>> 私の理解では、パッケージ「*-dev」はライブラリのヘッダファイルなどを含む
>> 開発用のパッケージであって、ビルドされたバイナリーはこのパッケージがあっ
>> てもなくても同じように動作すると思います。
>>
>> しかし先述の通り、libunicap2はその限りではありませんでした。
>>
>
> 原因は分かりませんが、参考までに。
>
> Ubuntu 12.04 (amd64) と、 Debian unstable (i386) の2つの環境で試したところ、 Ubuntu 12.04 (amd64) では現象が確認されませんでしたが、 Debian unstable (i386) では坂本さんの場合と同様の現象が確認されました。
>
> 確かに、通常は -dev パッケージの有無に関わらずコンパイル済みバイナリーの挙動は等しくなるはずですし、libunicap2-dev の中身をざっと見た感じ、思い当たるところはありませんでした。


投稿者 xml-rpc : 2012年6月25日 22:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110263
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。