2011年12月11日

[ubuntu-jp:3952] Re:syslogのエラーについて

田中です。
先ほど送信したメールが
文字化けしていたかもしれません。
改めて送信致します。申し訳ございません。


ご連絡いただいたエラーを拝見するとHDD(SSD)関係のものも出力されていますね。
以下メッセージからsdaの454652753セクターが破損している可能性があると思います。

> Dec 9 11:22:59 ????? kernel: [139302.578821] end_request: I/O error, dev> sda, sector 454652753

ここからの対応ですが、私であればfsckで不良セクタが修復される事に期待して以下の通りに実施するかと思います。
ただもっと安全で良いやり方があるかもしれませんので別の方のご意見も伺ってみたいところです。

1.(物理的に)別ディスクへ必要データをバックアップ2.「smartctl -A /dev/sda >>
適当なファイル名_1」で現在のS.M.A.R.T情報を採取※13.次回再起動時にfsckが走る様「sudo touch
/forcefsck」を実行※24.再起動→起動時にfsckが走る※25.OSが起動すればエラーが出たときの操作をもう一度実施
(gmail上でエラーが出たファイルを添付する)6./var/log/messagesにエラーが出力されるか確認7.「smartctl -A
/dev/sda >> 適当なファイル名_2」で作業後のS.M.A.R.T情報を採取※18.「diff 適当なファイル名_1
適当なファイル名_2」でS.M.A.R.T情報に  変化があるか確認する※1

※1 smartctlコマンドがなかった場合、  「sudo apt-get install smartmontools」で
インストール可能ですが、HDDの状態がいまいちであれば   上記2、7、8は実施しないのもアリだと思います。
※2 もしUbuntuのLive-CDがあれば   3と4は実施せず、Live-CD経由でfsckした方がいいかもしれません
以上です。


投稿者 xml-rpc : 2011年12月11日 10:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107599
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。