2011年11月14日

[ubuntu-jp:3935] Re:console と X11 での言語設定について

松澤さん、悸村さん

アドバイスありがとうございます。
お返事遅くなりました。

Shell は Ubuntu 導入時から Bash を使っております。

悸村さんのコメントを参考に ssh で login し

export LANG=C LANGUAGE=C LC_ALL=C
とすると、 ローケールを C へ変更できました。

そこで ~/.profile に
export LANGUAGE="ja:en" LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"

if [ x"$DISPLAY" = x ]; then
export LANG=C LANGUAGE=C LC_ALL=C
fi

とし、 "ssh remote-host" で login すると terminal(ITerm) で
locale が C に設定されました。

一方で、 ”ssh -X remote-host” とすると DISPLAY 変数が上手く
読み込めていないようで locale が ja_JP.UTF-8 となりました。
~$ echo $DISPLAY
localhost:11.0

DISPLAY変数の調整でなんとか回避できそうです。

ありがとうございました。

--
K. Uebayashi


投稿者 xml-rpc : 2011年11月14日 18:40
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107370
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。