2011年10月30日

[ubuntu-jp:3912]11.10のGRUB設定について

Windows Vista , Ubuntu 11.10をデュアルブートしている環境で/etc/default/grubに

GRUB_SAVEDEFAULT=true
GRUB_DEFAULT=saved

を設定しても前回起動したOSが記憶されず問答無用でUbuntuが起動してしまいます。
10.04か10.10の頃に「GRUB_SAVEDEFAULT=true」の一行がないと起動するOSが記憶されないように変わったのですが、
11.10でもそのような変更があったのでしょうか?


また、これ以外にgihyo.jpのこの記事 < http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0097>;
を参考にして
「起動時にShiftキーを押し続けない場合は起動するOSの選択画面を表示しない」
という設定を/etc/grub.d/40_customに追加しています。
(もしやそれも影響してる?)

--
This message is UTF-8 encoded

投稿者 xml-rpc : 2011年10月30日 22:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107967
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。