2011年10月25日

[ubuntu-jp:3903]Ubuntu 11.10 の日本語環境に関する追加情報

小林です。

Ubuntu 11.10の日本語環境について、現時点でいくつか注意すべき点があることが
判明しています。以下にまとめましたので、参考にしてください。


●すべてのアプリケーションで正しい日本語フォントが表示されない場合

原因はつかみきれていませんが、日本語フォントの設定に失敗することがあるようです。
以下のコマンドを実行することで修正できます。

sudo fontconfig-voodoo -s ja_JP


●一部のアプリケーションで正しい日本語フォントが表示されない場合

日本語 Remix CDからインストールしていない環境では、一部のアプリケーション
(Unity 2D)やWebページで、デフォルトの日本語フォント(Takao Pゴシック)
が用いられない不具合があります。

修正するには以下のコマンドを実行してください。

sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/fonts.conf.d/oneiric-69-language-selector-ja-jp.conf -O /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf

これにより、フォントの設定ファイルが日本語Remix CDに含まれているものと同じものに差し変わり、
どの言語に対しても日本語のフォントを優先して用いるようになります。
この問題は、Ubuntu本体のレポジトリで修正するよう働きかけていく予定です。


●11.04 日本語 Remix から11.10 へアップグレードした場合

11.04 日本語 Remix から 11.10 へアップグレードした場合、以下のコマンドを実行してください。

sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/oneiric.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

これにより、11.10用のレポジトリが追加されます。また、システムに11.04用の ubuntu-desktop-ja が残っていた場合は削除され、
代わりに ubuntu-defaults-ja がインストールされます。


Jun Kobayashi


投稿者 xml-rpc : 2011年10月25日 21:52
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107122
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。