2011年10月17日

[ubuntu-jp:3854] Re:KDE での等幅フォント設定について

Kubuntuを使っているので試してみました。

Kickoff > KDEシステム設定 >
フォントインストーラ > システムフォント

TakaoGothicが入っているか確認してみてください。
私の素のKubuntu11.10をインストールしてるとTakaoPGothicのみ入っていました


TakaoGothicをインストールして試してみました。
MuonPackageManagerからインストール後反映させるのに再起動が必要でした。
Konsoleの現在のプロファイルからフォント編集で、
「モノスペース」を選択するとTakaoGothicが使えました。
システムで「モノスペース」が何を使っているかの確認は、
/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.conf
の中の monospace で優先順位を確認・設定できると思います。
私がTakaoGothicをインストールした場合は、1番上に設定されていました。

10.04まででは日本語フォントをKonsoleで使用すると
ディレクトリ名の英字の最後が表示されない(または半分かける)
問題がありました。その問題は今回も同じでした。
その問題を解決するために DejaVu Sans Mono 等を使用していましたが、
あまり好きな書体ではありませんでした。
今回11.10でUbuntuMonoが採用され、見た目も良くなり大変助かっています。

投稿者 xml-rpc : 2011年10月17日 17:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106953
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。