2011年1月25日

[ubuntu-jp:3333] Re:ubuntu10.10をFakeRAIDにインストール

> FakeRAIDは諦めました。現象がよくわからないので、

こちらの問題の方は色々考えてみないと分からないので脇に置いておきます……。

> ググッてもよくわからず、問題が出てもこまるので、RAIDの設定に戻してRAIDの
> 設定を解除してからAHCIに変更して、インストーラでSoftware RAIDを構築して
> インストールをしました。起動は正常に出来ています。

もしも試されていないのであれば、という前提になりますが、以下の文書に
目を通し、「片肺(Degraded)」状態でどうすれば起動できるのか、ということを
確認しておいて頂くのが安全です。
https://help.ubuntu.com/community/Installation/SoftwareRAID#Boot%20from%20Degraded%20Disk

これを確認して頂いた上で、「HDDを1台ずつ繋いでみる」という状態で起動して
みることを、とても強くオススメします。インストール時点での指定によっては、
Linux KernelによるSoftware RAID(MDで組まれていると推定)デバイス
である /dev/md ではなく、/dev/sda 単体にGRUBが導入されてしまい、
/dev/sdaが壊れた状態(/dev/sdbだけの状態)になると起動できない、という
ことが起こり得るからです。

テストとしては、
 ・SATAケーブルだけを抜いてみる(各HDD)
 ・電源ケーブルだけを抜いてみる(各HDD)
の二種類を試しておくと安全です。まれに、「なにか」が悪さをして、電源ケーブル
だけを抜いた状態(これはHDDが壊れきった状態を比較的良く再現してくれます)
では起動シーケンスに入れない、といった、また別の問題を掘り当ててくれるかも
しれません。


投稿者 xml-rpc : 2011年1月25日 23:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101626
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。