2010年11月28日

[ubuntu-jp:3159] Re:障害者に対応−西村

森本さん

松澤です。

いくつか情報が不足しているようなので確認させていただきます。
windowsとオペレートナビを使って呼気で入力が可能ということですが、
ubuntuのMLで質問されているということは、ubuntuあるいはその他linux上で作業
したいという前提でよろしいでしょうか。

「すべて口で操作出来るようにしたい」とのことですが首から上を使ってなら、
ヘッドトラッキングシステムとオンスクリーン・キーボードを使えば、
ある程度の入力操作は可能になります。

最近試してみたものとしては、ヘッドトラッキングシステムには、
eviacamというフリーソフトウェアがあり、ウェブカメラを使って
頭部の動きに合わせてマウス操作を行うことができます。
http://eviacam.sourceforge.net/eviacam.php
ウェブカメラはeviacamが認識すれば市販の安物でもかまいません。
オンスクリーンキーボードにはonboardという
ubuntuにデフォルト搭載のものがあります。

ヘッドトラッカとオンスクリーンキーボードを使えば、頭部の動きだけで
基本的なマウスおよびキーボードの操作を行うことができます。
ちなみにこの文章についてはeviacamとonboardを使った入力を行っています。

「伝の心」のような統合的な支援システムではないので、
そういったものとくらべるとユーザビリティは劣るかもしれませんが、
すべてフリーソフトウェアなので、導入、運用コストも小さく、
自由に使えるというメリットはあります。

--
Jiro Matsuzawa


投稿者 xml-rpc : 2010年11月28日 19:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100359
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。