2006年2月28日

[SpamAssassin-JP 70]SpamAssassin 3.1.0の日本語対応パッチ

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
滝澤と申します。
こちらには参加したばかりです。

LinuxディストロのFedora Core 5 test2(というかdevelopment) で日本語対応
パッチを試してみました。
一応、問題なく動作しました。

気になる点として、分かち書きの影響のノウハウが必要になると思います。
試しに「出会い系」でルールを書いてみたらうまくマッチしませんでした。
分かち書きの結果として「出会い 系」に分かれてしまっているためでした。
ルール(local.cf)のUTF-8 normalizeと分かち書きは切り離して考えた方が
よいのかなというのが感想です。評価するタイミングの問題かもしれませんが。

パッチを試す際にFedora Core用のSRPMパッケージを作り直してみたのでもし
よければ使ってみてください。
http://www.emaillab.org/spamassassin/spamassassin-3.1.0-5.taki.1.src.rpm
なお、Fedora Extraからkakasi関連のパッケージが必要になります。
また、perl-Encode-Detectは次の場所から入手できす。
http://rpm.pbone.net/index.php3/stat/4/idpl/2340075/com/perl-Encode-Detect-0.01-0.1.i386.rpm.html

--
TAKIZAWA Takashi(滝澤 隆史)
http://www.emaillab.org/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年2月28日 01:07
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/40785
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。