2008年7月17日

[SpamAssassin-JP 694] Re: はじめまして

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
xeon-koyamaです

滝澤さん、ご返答ありがとうございます。

> suseのものはSubversionやCVSのサブコマンドdiffの出力です。
> 私が作ったパッチはdiffコマンドの出力です。

> 形式の違いはこの違いにより出ています。
>
> patchコマンドのオプションを -p1 にすればよいだけなので、パッチファイル
> そのものを書き換える必要はないと思います。
> SPECファイルのパッチの指定で次のように -p1 を付ければよいだけです。
> %patch200 -p1

おかげさまで、上記方法で、元ファイルを変更せずに、利用できました。

むしろ、その後の、事前準備の Encode::Detect に問題がありました。
suseでは用意されていないパッケージなので、cpanを使ってインストール
する必要がありました。

現在は、mecab の ipa辞書がコンパイル出来ずに、
あたふたしているところです。

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp


投稿者 xml-rpc : 2008年7月17日 18:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75430
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。