2008年7月17日

[SpamAssassin-JP 693] Re: はじめまして

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
滝澤です。

On 07/16/08 18:43, koyama wrote:
> rpm構築するために、spamassassin-3.2.4-ja-test1.patch を訂正
> ******* 実は、ここがもっとも質問したい箇所なんです。 ******
<snip/>

> このような変更を、diff -uNr から始まる全ての行に適用した。

suseのものはSubversionやCVSのサブコマンドdiffの出力です。
私が作ったパッチはdiffコマンドの出力です。
形式の違いはこの違いにより出ています。

patchコマンドのオプションを -p1 にすればよいだけなので、パッチファイル
そのものを書き換える必要はないと思います。
SPECファイルのパッチの指定で次のように -p1 を付ければよいだけです。
%patch200 -p1

suseと同じ流儀にするのであれば、一度ソースコードをSubversionにつっこんで
パッチをあてて、svn diff とでも行えばよいと思います。

--
滝澤 隆史 (Takashi Takizawa)
株式会社サードウェア 開発部
ThirdWare Co., Ltd.
http://www.3ware.co.jp/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp


投稿者 xml-rpc : 2008年7月17日 13:41
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75429
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。