2007年12月27日

[SpamAssassin-JP 621]SpamAssassin 3.2.3でのスコアの再定義

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
滝澤です。

日本語のメールは標準のルールでは不必要にスコアが付くことがあるため、
スコアの再定義を行っていました。
しかし、SpamAssassin 3.2.xではnormalize_charsetオプションを有効にすると、
bodyルールやヘッダテストでは全てUTF-8の文字列を評価することになるため、

不必要なスコアが付くことがほとんどなくなりました。

最低限、再定義すべきスコアののルールは次のものだけです。
score FROM_EXCESS_BASE64 0
Fromヘッダで日本語を使う人が当たり前にいるので必須でしょう。
生JISヘッダを許容するのであれば次のものも追加してください。
score SUBJ_ILLEGAL_CHARS 0
今後、UTF-8の日本語メールが増えてくることを考慮すると次のものも再定義
した方がよいのかもしれません。
score MIME_BASE64_TEXT 1.0
また、署名の整形のためにスペースを多用しているとTVD_SPACE_RATIOにマッチ
するので、次のルールも追加しておくとよいでしょう。
score TVD_SPACE_RATIO 0

自宅マシンでSpamAssassin 3.2.3を動かしてみた感じではこれくらいです。

On 12/27/2007 05:13 PM, Takashi Takizawa wrote:
> SpamAssassin 3.2.3用の日本語対応パッチをやっと作りました。
> 次の場所に置きました。
> http://www.spamassassin.jp/download/sa3.2/
>
> SpamAssassin 3.1.x用の日本語対応パッチのルールとは互換性がありません。

書き忘れましたが、動かしてみて、問題が生じたら報告をお願いします。

このパッチは私の自宅マシンで3日間動かしていますが、特に問題は生じていません。
ちなみに、ベイズのデータベースファイルは3.1のものがそのまま継続して利用できます。

--
滝澤 隆史 (Takashi Takizawa)
株式会社サードウェア 開発部
ThirdWare Co., Ltd.
http://www.3ware.co.jp/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2007年12月27日 18:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68095
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。