2007年12月27日

[SpamAssassin-JP 619] Re:SpamAssassin 3.2.3用の日本語対応パッチ

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
こんにちは。松田陽一@三鷹です。

From: Takashi Takizawa <taki@xxxxx>
Subject: [SpamAssassin-JP 618] SpamAssassin 3.2.3用の日本語対応パッチ
Date: Thu, 27 Dec 2007 17:13:57 +0900

> ** SpamAssassin メーリングリスト **
> ** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
> 滝澤です。
>
> SpamAssassin 3.2.3用の日本語対応パッチをやっと作りました。
> 次の場所に置きました。
> http://www.spamassassin.jp/download/sa3.2/

お疲れ様です。

> バージョン3.1系列との違い
>
> SpamAssassinの3.2系列ではJohn Gardiner Myer氏のnormalize_charsetパッチが
> 取り入れられています。normalize_charsetオプションを有効にすると、メールの
> ヘッダや本文の文字エンコーディングをUTF-8に変換した上で、ルールの評価を行
> います。
>
> 日本語対応パッチでは3.2系列のnormalize_charsetオプションに仕様を合わせる
> ために3.1系列に日本語対応パッチとは互換性が無くなっています。
> 3.1系列の日本語対応パッチで提供していた"nbody"ルールやヘッダテストにおける
> ":utf8"クエリはなくなりました。直接、bodyルールやヘッダテストにUTF-8の文字
> を記述することになります。
> また、旧来のISO-2022-JPの文字をバイト文字で記述するルールは
> normalize_charsetオプションを有効にすると使えなくなります。

ということは、旧来のルールとは互換性がなくなる、ということとなりますね。

そこで質問です。
3.1系から3.2系に乗り換えるメリットはあるでしょうか。
恐らく「ある」からパッチを作られたのだろうとは思いますが、より具体的に
「こんなところが良くなった」みたいなお話をお聞かせ頂ければ幸いです。
--
松田 陽一(yoh)
mailto:yoh@xxxxx
http://www.flcl.org/~yoh/diary/
--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2007年12月27日 18:21
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68093
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。