2007年2月14日

[SpamAssassin-JP 528] Re:SpamAssassin on windows その後

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **

oki です。

 舘山さん、リプライありがとうございます。

> > ところで、SpamAssassin にて

> > IO::Socket::SSL が必要なものって、どの機能に
> > なるのかご存じの方いますでしょうか?
>
> spamc / spamd ではないかと
>
> grep SSLで見ると
> Util/DependencyInfo.pm
> が引っかかり
snip
>
> ということはMakefile.PL時にENABLE_SSL="no" もありかも
> 未検証

なるほど… そういえば spamd で、SSL 通信するという
選択肢がありましたっけ…。重要でないなら、SSL は
アボーンしよっと…。.NET Framework が導入されてから
DLL の扱いが面倒だったりするのです…。特に OpenSSL は
あちこちのアプリで使われるし…。

 で、その後 MinGW 環境にて

Text::MeCab が入らない…。
Encode::Detect のコンパイルが通らない
って所で、往生しとります。
Encode::Detect に至っては、CPAN 通すと
include の指定が変だったり、msys からやると
Encode.c Encode.xs あたりでコンパイルエラーに
なるけど、どこが悪いのかサッパリわかりません。
VC8 & ActivePerl でコンパイルする方法は載ってた
けど、それじゃ意味ないしねー。

 どのみち、PAR は入ったのに pp コマンドが無くて
ガッカリしてるのであった…。
hello.pl を pp して感動しようと思っていたのにorz...


--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2007年2月14日 22:08
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/54256
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。