2007年1月12日

[SpamAssassin-JP 514] Re: internal_networks

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
 oki@亀レスです。
>
> にあるように、 internal_networks を適切に設定すれば、本当に
> direct-to-MX spamming を検出することができるんでしょうか?
>
 例えば、転送メールの事を言ってるのかもしれませんね…。自サーバも含めて

最終的に信頼のおける経路はどこまでか?って事で、internal_networks の
直前の経路がどうであるかを調べるのが効果的と言えそう…。

> 上記文章を読む限り、 internal_networks には自分のメイルアカウントの
> ドメインの MX 、つまり受信側 MTA の IP アドレスを列挙記載するものと
> 解します。
>
> しかし、受信側 MTA を列挙しただけで、 direct-to-MX スパムを検出でき
> るとは到底思えません。

 プラグインの名前が Botnet で物騒な感じもしますけど、MX レコードに
記載されていないような場所からダイレクトに送信されているかどうかを
判定するプラグインだとすれば、納得がいくかも?

 であれば、ホームページの自動応答スクリプトやメルマガ送信ツールで
ダイレクトに送信されたものは、軒並みひっかかる訳で、スパムらしさの
手がかりにはなるかもしれませんね。


--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2007年1月12日 12:27
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/52684
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。