2006年12月22日

[SpamAssassin-JP 505] Re:MAILER-DAEMON からの手紙

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **

 沖です。

> 最近、自分のメールアドレスを spam の SMTP FROM: に
> 使われてしまったらしく、MAILER-DAEMON からの手紙が
> 山のように届きます。

> くっついているメールは本当に spam ぽいです。
>
 MAILER-DAEMON を偽装したスパムじゃなくて、
ほんとにデーモンからの手紙なんですね(^^;。

 ウィルスやスパムが一般的になって、FROM 等のアドレスは
全く信用がおけないのが実情だと思います。そんな理由から、
私はメールサーバの設定にて、ウィルスメールやスパムメールに
対しては、エラーメールを送信するような設定は一切行って
いないです(エラーを送信するとすれば、ローカルのユーザ
アカウントからのメール送信に対してのみ:偽装でない)。

 逆に、これが1〜5パーセントのメールは消失している!
といった記事になってあらわれているのだと思いますが、
現実がそうなのだから仕方がないです。

 で、管理者は、ウィルスやスパムに対して、エラーメールを
送信するように設定すべきでは無いと私は考えています。
(面倒くさい話ですが、しつこいウィルスメールに関しては、
メールヘッダを調べて、どのIPアドレスから送信されているか
調査した上で、該当しそうな人物に心当たりがあれば聞いてみる
といった措置を取る事もあります)
ですので、そのようなエラーメールを出すところは、如何な
ものか?という印象を受けます。

> ヘタに学習されると、ホントに自分が出した間違いメールの
> MAILER-DAEMON からの返答まで spam 扱いしてしまいそうで、
> なにか良い案はないかと考えております。

 ここは、特に気にしなくても良いように思います。
というのも、学習は bayes に限った事なので、bayes が高い
だけではスパムにならない可能性が高いでしょうし(ルール次第
ですが)、autolearn を on にしても、spam と判定されたメールが
全部学習の対象になるわけではありません。

 逆に、実際に受信した、まともなエラーメールを ham として
sa-learn で学習すれば良いのではないでしょうか?

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年12月22日 18:52
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/51675
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。