2006年1月13日

[SpamAssassin-JP 37] Re: SpamAssassinを経由した際のメールの遅延

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
こんにちは.松平です.

アドバイスありがとうございます.

確かにlocal.cfを変更して再起動をしたところ
現在はメールがスプールに溜まることなく動作しています.

しばらくこの状態で様子を見てみたいと思います.

>いつもお世話になっております。谷地田と申します。
>
>
>結論から言って、bayesデータベースの容量を超えた、もしくは超えそうな為に、
>超えてしまった分のデータをエクスポートする事で起こる現象ではないでしょうか。
>
>
>local.cfに下記行を追加してみて再起動してお試し下さい。
>
># bayes_expiry_max_db_size (default: 150000)
># What should be the maximum size of the Bayes tokens database? When
># expiry occurs, the Bayes system will keep either 75% of the maximum
># value, or 100,000 tokens, whichever has a larger value. 150,000
># tokens is roughly equivalent to a 8Mb database file.
>bayes_expiry_max_db_size 1000000
>
># bayes_auto_expire (default: 1)
># If enabled, the Bayes system will try to automatically expire old
># tokens from the database. Auto-expiry occurs when the number of
># tokens in the database surpasses the bayes_expiry_max_db_size
># value.
>bayes_auto_expire 0
>
>
>データのエクスポートを防ぐ為に[bayes_auto_expire 0]として
>念の為、データベースのサイズを[bayes_expiry_max_db_size 1000000]で
>大きくする対策です。
>
>
>ここからは推測ですが、
>bayesデータベースの容量を超える
>↓
>あふれた分のデータを、
>bayes_toks.expireXXXXX等にしてエクスポートする
>↓
>CPU負荷が一時的に上がる
>↓
>メール遅延配送が起こる
>Milterがタイムアウトを起こす等も

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年1月13日 14:24
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/29782
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。