2006年7月30日

[SpamAssassin-JP 330] Encode::Detect

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
滝澤です。

On Fri, Jul 28, 2006 at 04:50:28PM +0900,
舘山 聖司 wrote:

<snip />

> ところでEncode::Detect ですが単体で導入しようとするとこけたりして面倒
> な手順を踏んでましたけど以下の様にしたら少しましになりました
> (余計なモジュールも入っちゃいますけど手順は楽)
<snip />

Encode::Detectモジュールのインストールで色々と問題が生じそうな気がします
ので、情報をまとめたいと思います。

ちなみに http://search.cpan.org/~jgmyers/Encode-Detect/ において
CPAN Testers PASS (8) FAIL (20)
という結果になっています。
John G. Myersさんがこれを直す気配が無いようなので、何らかのアクションを起
こす必要があるかもしれません。

パッチのドキュメントに次のように情報を追加してみました。
舘山さんのメッセージを引用しています。
この他に何か情報がありましたら教えてください。
---------------------------------------------------------------------------
4. 文字エンコーディング検出器Encode::Detect
配布元: http://search.cpan.org/~jgmyers/Encode-Detect/
インストール時の注意事項:
- バージョン0.01ではモジュールの依存関連の記述等がないためビルドや
テストが失敗することがあります。
そのため、予め、次のモジュールをインストールしてください。
- Module::Build
- ExtUtils::ParseXS
- ExtUtils::CBuilder
- Test::More
- Data::Dump
なお、Data::Dumpモジュールに関しては実際には利用されていないため、
手動でインストールする場合は、t/encoding.tというファイルから
"use Data::Dump qw(dump);"の行を削除すればData::Dumpモジュールを
インストールする必要はありません。
- CPANモジュールを使ってインストールする場合の注意事項
http://mm.apache.jp/pipermail/spamassassin-jp/2006-July/000318.html より
cpan を使って
install Bundle::CPAN
でCPANモジュール&関連モジュールを最新版にする
cpan の再設定(reload cpan では有効にならないモジュールがある模様)
(上記で BuildやYAMLが入ります)
install Module::Build
install ExtUtils::CBuilder
install Data::Dump
そして最後に
install Encode::Detect
を実行してやると入りました
---------------------------------------------------------------------------

--
TAKIZAWA Takashi(滝澤 隆史)
http://www.emaillab.org/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年7月30日 01:13
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/43151
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。