2006年4月21日

[SpamAssassin-JP 205] Re:レシピのマッチングについて

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
さとうです。

 反応遅くなってすみません。また少し追ってみて解決しました。

On Tue, 18 Apr 2006 19:31:19 +0900
Motoharu Kubo wrote:

Subject: [SpamAssassin-JP 204] Re: レシピのマッチングについて

> ています。つまり、プログラムコードを変数(ここでは$evalstr2)にどんどん書
> き出して,後でevalでそのコードを「評価」(=実行)するというものです。

 なのですよね。自己書き換えみたいなコードで、すごく読みにくくて大変…

 原因は、get(q#X-Envelope-Information#, q##)
したときに、複数持ってる値的を改行区切り?で返してくれるのですが、2番目
以降にきたものは行頭として認識されないためでした。

 具体例で説明すると、getの返値が
match NS blacklist
match blacklist
というふうに帰ってきます。
これに対し /^match NS blacklist/ はマッチングしますが、
/^match blacklist/ はマッチングしません。

 というわけで、ルールから「^」を外してやることで解決しました。

 まとめると、
・複数の同じヘッダフィールドがあるものに対してマッチングする場合は、ルー
ルの正規表現に「^」「$」を使わない。
 ということですね。


--
佐藤 潔 (SATOH Kiyoshi) http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年4月21日 16:53
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/41360
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。