2006年4月18日

[SpamAssassin-JP 203] Re:レシピのマッチングについて

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
さとうです。

On Mon, 17 Apr 2006 18:32:43 +0900
Motoharu Kubo wrote:
Subject: [SpamAssassin-JP 202] Re: レシピのマッチングについて

> 年末に日本語対応のためにソースを追っかけたので、追っかけなおしただけです:-)

 ありがとうございます。

> >> $result = join('', $self->{msg}->get_header($request, $getraw));
> >> という行が値の取り出しに関係しているように思えます。
> ですので、get_headerはリストコンテキストで処理結果を返すのではないかと思

 少し追ってみたのですが、この時点ではちゃんと2行分の値を返していました。

 do_head_test のほうで下記のように printf デバッグして見ると、rulename1
の位置では全部のrulenameが出てくるのですが、rulename2の位置では一番上に
きたルールしか出てこないので、ここの処理が問題な気がするのですが、ここの
ソースなにやってんだかわかりにくくて、そっからさき追えてません…

$evalstr2 .= '
sub '.$rulename.'_head_test {
my $self = shift;
$_ = shift;
# ---Debug---
printf( "rulename1:'.$rulename.'\n" );
'.$self->hash_line_for_rule($rulename).'
if ($self->get(q#'.$hdrname.'#, q#'.$def.'#) '.$testtype.'~ '.$pat.') {
# ---Debug---
printf( "rulename2:'.$rulename.' hdrname:'.$hdrname.'\n" );
$self->got_hit (q#'.$rulename.'#, q{});
'. $self->ran_rule_debug_code($rulename, "header", 1) . '
}
}';

--
佐藤 潔 (SATOH Kiyoshi) http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年4月18日 18:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/41305
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。