2006年4月17日

[SpamAssassin-JP 201] Re:レシピのマッチングについて

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
さとうです。

On Mon, 17 Apr 2006 15:27:12 +0900
Motoharu Kubo wrote:
Subject: [SpamAssassin-JP 200] Re: レシピのマッチングについて

> # ちょっとだけソース(SA 3.1.0)を追いかけてみました。追いかけかたを間違え

 なんと、ソース追っていただいたのですか。
 ダメそうだったらヘッダフィールドを変更すれば対処できるからそれで誤魔化
そう、と思ってたんですが、ちゃんと追ってどういう動作するものなのか、調べ
ないといけなくなった様な気が…

> SAはこのようなケースも考慮しているようですね。そしてReceivedは特別に処理
> しているみたいです(Receivedの処理内容は詳しく見ていませんが)。

 あー、Receivedフィールドの行は複数あるので、こういうパターンもいけるだ
ろうと思ってたのですが、別処理なのですね。

> ie: If 'Subject' is specified as the header, and there are 2 Subject
> headers in a message, the last/bottom one in the message is returned in
> scalar context or both are returned in array context.
…略
> 最初のヘッダ値だけが得られてしまう、というわけなんですね。上のコメントだ
> とスカラーコンテキストでは「最後の値」になりそうなんですが....。

 です。array context だとどっちも返るとなってますが、array context と
scalar context が、ここで何を指すのかがちょっとわかりませんね。

> $result = join('', $self->{msg}->get_header($request, $getraw));
> という行が値の取り出しに関係しているように思えます。
> 上の行の後にdbg関数を追加して、取り出した値を追いかけてみてはいかがで

 そのへんのソースを自分も見て追ってみます。


 あと先に自分が書いたメールに関してですが、

On Mon, 17 Apr 2006 14:33:03 +0900
SATOH Kiyoshi wrote:
Subject: [SpamAssassin-JP 199] Re: レシピのマッチングについて

> > header X_MAILER X-Mailer =~ /(GpsMailer|SpireMail|IM200[01] Version| ...
> > header XTRAXMAILER X-Mailer =~ /(Easy DM free|DM Mailer|Shadow Mail v\. 2.0| ...
> > header X_MAILER_PRESENT exists:X-Mailer
> > としています。
> > X_MAILER 或は XTRAXMAILER が引っかかるメイルは、必ず X_MAILER_PRESENT も
> > 引っかかります。
>  なるほど。まさにこのパターンと同じことですね。

 と思ったのですが、考え直してみるとこれは X-Mailer: フィールドの行が複
数有る場合にも動くかとは、また別問題のように思いました。


--
佐藤 潔 (SATOH Kiyoshi) http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年4月17日 18:01
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/41300
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。