2006年4月17日

[SpamAssassin-JP 199] Re:レシピのマッチングについて

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
さとうです。

On Mon, 17 Apr 2006 12:56:14 +0900 (JST)
MATSUDA Yoh-ichi / 松田陽一 wrote:
Subject: [SpamAssassin-JP 198] Re: レシピのマッチングについて

> 全く構わないと思います。

 ではこちらで続けさせていただきます。

> ここでいう「フィールド名」とは、ヘッダのフィールド名を指していますか?

 です。例えば Received なら普通に複数同じフィールド名で、複数行あると思
います。
 それと同じように、

X-Envelope-Information: match NS blacklist livedoor
X-Envelope-Information: match S25R

というような行がヘッダに入っています。
 それを「match S25R」だけあれば4点、「match NS blacklist」だけあれば6点、
どちらもあれば10点、というようなルールにしたつもりだったのですが、2行有
る場合は上の「match NS blacklist」の条件だけに掛かっている結果になってし
まうのです。

> SA は、対象となるメイルのヘッダ中に同じフィールド名のヘッダが複数存在して
> いても、指定されている正規表現が正しくマッチすれば、それぞれのルールがヒット
> します。
> header X_MAILER X-Mailer =~ /(GpsMailer|SpireMail|IM200[01] Version| ...
> header XTRAXMAILER X-Mailer =~ /(Easy DM free|DM Mailer|Shadow Mail v\. 2.0| ...
> header X_MAILER_PRESENT exists:X-Mailer
> としています。
> X_MAILER 或は XTRAXMAILER が引っかかるメイルは、必ず X_MAILER_PRESENT も
> 引っかかります。

 なるほど。まさにこのパターンと同じことですね。

> SA をデバッグモードで稼働させて、実行内容をご覧になってみてはいかがでしょう。

 了解です。試してみます。


> 拙作 user_prefs でも、例えば

 余談になりますが、公開されているレシピを修正して利用させていただいてい
ます。ありがとうございます。


--
佐藤 潔 (SATOH Kiyoshi) http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/

--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年4月17日 14:33
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/41298
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。