2006年3月29日

[SpamAssassin-JP 152] Re: PopProxy

** SpamAssassin メーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は SpamAssassin-jp へ行きます **
In message <20060329102138.B376.OKI@xxxxx>
on Wed, 29 Mar 2006 10:21:40 +0900,
OKI Miyuki wrote:
>  それから UIDL コマンドなのですが、これは
> 一般的にメールサーバが一意に管理してくれるもの
> と解釈して良いのかどうか気になってます。

o POP3サーバが決めた文字列
o 長さは1から70バイトまで
o 0x21から0x7eまでの値の文字
o maildrop(ユーザのメールボックス)の中のメッセージ内で一意
o POP3のセションをまたいでも存続(不変)
o 少なくとも識別子に対応するメッセージが存在する間は再使用しない。

といったあたりが RFC1939に書かれています。というわけで、

> xmail-server の場合だと、xmail-server 内で管理
> された UID が返されていて、メールヘッダ内の
> Message-ID とは異なっていました。
元々無関係です。また、同じMessage-Idのメールが届くこともあるので、
その値はUIDLで返す識別子には使用できないということになります。

--
神戸 隆博(かんべ たかひろ) at 仕事場
--
SpamAssassin メーリングリスト
http://mm.apache.jp/mailman/listinfo/spamassassin-jp

投稿者 xml-rpc : 2006年3月29日 11:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/41136
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。