2008年9月10日

[selinux-users:02126] [告知] JLC2008 セキュアOS BoF (9/11 17:15〜18:45)

海外です。

直前のご連絡になり申し訳ないのですが、今週の木曜に開催されます
Japan Linux Conference 2008 での セキュアOS BoF セッションを
告知させて下さい。

■ Japan Linux Conference 2008
URL http://lc.linux.or.jp/lc2008/

主催:日本Linux協会 (JLA)
題名:セキュアOS BoF「セキュアOSについて話しませんか?」
モデレータ:原田 季栄(NTTデータ)
海外 浩平(NEC)
日時:9/11(木) 17:15 - 18:45
場所:中野サンプラザ 7階 研修室8
JR中野駅 北口より徒歩1分

-- 概要 -------------------------------------------------
2008年2月、SmackがSELinuxに続く2つめのLSMモジュールとして
標準カーネルに採用され、利用可能となりました。それら以外
にも TOMOYO Linux, AppArmorなどセキュリティを強化したカー
ネルを標準搭載したディストリビューションも徐々に増えつつ
あり、 利用するための環境は整ってきました。
しかし、そうした 「セキュアLinux」が実際に活用されているか
というと必ずしも そうではないようです。

本BOFでは「セキュアLinux」の関係者がモデレータとなり、
参加者の方々とセキュアOSの現状やこれからについて意見交換、
質疑対応をしたいと思います。セキュアLinuxを利用されたことの
ない方も 歓迎ですので、どうぞお気軽にご参加ください。
---------------------------------------------------------

私自身としては、こういった場での議論を通じて、現在のSELinuxに
不足しているものを洗い出し、今後のSELinux開発の方向性に対して
何らかのヒント・アイデアが出てくればいいなぁ〜と思っています。

なお、セキュアOS関連(?)のセッションとして、この BoF の直前に
『独自セキュアOS Set Based Access Control の設計及び実装』と
題する講演が行われます。よろしければ、こちらもどうぞ。

■ 独自セキュアOS Set Based Access Control の設計及び実装
(内藤 陽介氏)
日時:9/11(木) 15:30 - 17:00
既存のLinux 用セキュアOS は、複雑過ぎて理解しずらい、運用方法が
繁雑で使いずらい、又は、表現 力が貧弱で用件を満たせない、という
いずれかの問題を持っている。従って、これらの問題を克服した独自
セキュアOSを設計し、その設計に基づいて実装を行った。この独自セ
キュアOS により、Linux用セキュアOS に対するユーザ の選択肢の幅
が大きく広がることが期待出来る。

--
KaiGai Kohei <kaigai@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2008年9月10日 00:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/77098
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。