2008年3月11日

[selinux-users:02109] [ANN] v8.3 ベースの SE-PostgreSQL を公開

海外です。

ちと、宣伝させてください。

v8.3 ベースの SE-PostgreSQL を公開
----------------------------------
SE-PostgreSQL 開発チームは、v8.3 ベース SE-PostgreSQL を公開しました。

http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/development

上記のURLより、セキュリティポリシーモジュールを含む、SE-PostgreSQLの
パッケージを取得することができます。

注意: このバージョンは、Fedora 8 以前のシステムには対応していません。
システムを Rawhide (開発者版) にアップデートするか、Fedora 9 を
お待ちください。

以下の公式ドキュメントは、SE-PostgreSQLの理解の助けになるでしょう。
http://sepgsql.googlecode.com/files/sepgsql_security_guide.20080214.jp.pdf

v8.2ベース SE-PostgreSQL から、以下の点が変更されています。
- ベースバージョンを PostgreSQL 8.3.0 にアップグレードしました。
- contrib パッケージで提供されているような、外部のライブラリを、
オリジナルの PostgreSQL と共有することが可能になりました。
- 累積的なバグ修正を行なっています。

SE-PostgreSQLの特徴
-------------------
Security-Enhanced PostgreSQL (SE-PostgreSQL) は、システムワイドで一貫
したアクセス制御を提供することを目的に開発された、PostgreSQLのセキュ
リティ拡張機能です。本機能は、一個の統合された SELinux セキュリティポ
リシーを、OSとRDBMSの双方に適用することを可能にします。
加えて、行レベル・列レベルで適用され、特権ユーザでさえも回避不可能な
細粒度の強制アクセス制御も提供されています。
これらの機能は、SE-PostgreSQLをOSと統合された情報フロー制御の枠組みに
組込むことを可能にし、我々の情報資産を漏えいや改ざんといった脅威から
保護することを可能にします。

http://code.google.com/p/sepgsql/wiki/WhatIsSEPostgreSQL

実は密かに移植作業を着々と進めていたのでした。
ではでは
--
KaiGai Kohei <kaigai@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2008年3月11日 21:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70900
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。