2007年12月 7日

[selinux-users:02082] Re: セキュアOSの性能評価機能の公開

松田様

 酒井@富士通と申します。Xenの開発を主にやっています。
松田様のツールは、面白いツールですね。

コードをちらちら見て、素朴な疑問というか感想です。

1)コードのコメントについて

 コード上のコメントが日本語になっていますが、
 Linuxコードの日本語化を目指しているのですか?

2)securityのディレクトリにアーキ依存のコードが入っていることについて
 TSCを読んで計測すると、x86だけになってしまいます。
 もう少しアーキテクチャ非依存のコードを使った方が良いのでは?
 (将来の課題ですかね?)
 gettime自体名前が汎用的過ぎる気が。。。

以上 簡単な感想でした。

酒井@富士通

"MATSUDA Naoto" <matsuda@xxxxx> wrote:

> 岡山大学の松田と申します.
>
> 現在,IBMの宗藤さんと共同で,LSMのオーバーヘッド測定機能LSMPMONを開発
> し,以下のページで公開しています.
> http://www.swlab.it.okayama-u.ac.jp/lab/tabata/lsmpmon/
>
> 有用なツールだと思いますので,ぜひとも皆様に使用していただき,何らか
> のフィードバックを頂ければ,と考えています.
>
> よろしくお願いいたします.
>
> --
> 岡山大学 大学院自然科学研究科 電子情報システム工学専攻
> 博士前期課程2年 田端研究室所属
> 松田 直人
> E-mail: matsuda@xxxxx
>

投稿者 xml-rpc : 2007年12月 7日 14:59
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67342
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。