2007年11月19日

[selinux-users:02057] SELinux Policy Editor2.2.0リリース


中村です。

SELinux Policy Editor 2.2.0をリリースしました。
主な変更点は以下です。

1) 組込み機器向けのポリシ開発をサポート
  組込み向けのポリシをクロス環境で開発できます。

2) SPDLコンパイラ(seedit-converter)を改善
seedit-converterは、これまでローカルのファイルシステム情報を参照しており、処理が低速になるだけでなく、実機で動作させる必要がありました。
   今回、ローカルのファイルシステム情報がなくともseedit-converterが動作するようになりました。これにより、処理が高速化しただけでなく、組込み機器向けのクロス開発も可能になっています。
3) Fedora 8をサポート
Fedora 8をサポートしました。
2.2のインストールパッケージはFedora8, Cent OS5用に提供します。
Fedora8では、yum install seedit-guiで入ります。

詳細はホームページを参考にして下さい。
http://seedit.sourceforge.net/ja/index.html

では。

--
Yuichi Nakamura
Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
Japan SELinux Users Group(JSELUG): http://www.selinux.gr.jp/
SELinux Policy Editor: http://seedit.sourceforge.net/


投稿者 xml-rpc : 2007年11月19日 13:50
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/66613
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。