2007年7月 9日

[selinux-users:01935] Re: 資料公開( Re: Re: SELinux ユーザ会勉強会無事開催

初めまして、
木村明治@Firebird日本ユーザー会です。

下記の勉強会に参加させていただきました。直前の仕事が遅れて、
遅れて参加したあげく、次の仕事がつまっていて、PostgreSQLの途中で
抜ける、ということになり、あわただしくてすみませんです。

そこでPostgreSQLの時に聞きたかった質問ができなかったので、

ここで聞かせてもらってもいいでしょうか?

(1) 行レベルのセキュリティ設定
(2) テーブルの継承時のセキュリティ設定

(1) について。行レベルということは、各行をユニークに識別できる
値に対して、セキュリティを設定しなければならないと思うのですが、
実用上問題がない形で、実際指定できるのでしょうか?
# レンジ指定とかで、セキュリティ設定する?

(2) PostgreSQLはテーブルパーティショニングで表の継承を使うとおもうのですが、
その際のセキュリティの設定は、子テーブルなどに引き継がれるのでしょうか?

SE-PostgreSQLのほうは、実際にまださわれてないのですが、プレゼンを聞いていたときに、
上記のような疑問が起きました。「このドキュメントに書いてある」とかの情報でもよいので
教えていただければありがたいです。

--- himainu-ynakam@xxxxx wrote:

>
> 中村です。
> 先日の勉強会の資料を公開しました。
> こちら
> http://www.selinux.gr.jp/documents/20070704.html
> よりどうぞ。
>
> Yuichi Nakamura
>
>
>
>


--
キムラデービー代表 木村明治(KIMURA, Meiji)
http://kimuradb.com
[News] COMPUTER WORLD 2007年8月号に「オープンソースDBの成熟度を計る」寄稿しました。
http://www.computerworld.jp/magazine/mag/?magazine_id=200708

投稿者 xml-rpc : 2007年7月 9日 19:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/61347
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。