2007年6月11日

[selinux-users:01902] SELinuxユーザ会2007年夏の勉強会のお知らせ


中村です。

日本SELinuxユーザ会 http://www.selinux.gr.jp)は、
半年に一回程度勉強会を主催しています。

最近、様々なセキュアOS関連の開発が行われており、
国際的に認知されている活動も多くなっています。

そこで、
「日本コミュニティ発!セキュアOS開発」をテーマに、
組込みSELinux、LIDS新バージョン、SE-PostgreSQLの開発者自らに講演して頂き、
ディスカッション、懇親会を行います。
以下詳細です。
ふるってご参加下さい。

イベント名:「SELinuxユーザ会2007年夏の勉強会〜日本コミュニティ発!セキュアOS開発」
- 主催:日本SELinuxユーザ会
- 日時
 7月4日(水) 17:20-19:30(勉強会) 20:00〜 (懇親会)
  (受付は10分前からです。)
- 場所
  白金高輪 NBFプラチナタワー 4F
日経BP社第一会議室
  http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/corporate/map.shtml
  ※会議室前に受付が設置される予定です。

- プログラム
(1) 17:20〜18:00 「組込みSELinux開発報告」 by 中村、宍道
IT資産に対する脅威は、サーバやデスクトップ環境だけではありません。私たち
の身の周りで利用されている組込みコンピュータも、セキュリティ上の脅威に晒
されています。
本セッションでは、日本のセキュアOSコミュニティによって行なわれた SELinux
を組込みシステムへの適用するための様々な取り組みを紹介します。

(2) 18:00〜18:45 「LIDS新バージョンについて」 by 面
LIDSはSELinuxやその他のセキュアOSと比べて「設定が直観的」であり、
非常にシンプルな機能を提供してくれるセキュアOSです。また、LIDSは
「単なるセキュアOS」というよりは、「他のツール類(iptablesなど)
と連係する、セキュリティツール」という形になっています。
本セッションでは、LIDSの新バージョンの開発過程を含む紹介と、
今後のスケジュールについてお話します。

(3) 18:45〜19:30 「SE-PostgreSQLの紹介」 by 海外
情報システムのセキュリティを確保するためには、個々のコンポーネントに留ま
らず、システム全体を俯瞰したセキュリティ機構が必要になります。
本セッションでは、SELinux のセキュリティポリシーをデータベースに適用する
ことで、セキュア・システムを構成するコンポーネントとしてのデータベース
管理システムを実現した SE-PostgreSQL を紹介します。

(4) 20:00〜     懇親会

- 参加料
勉強会は無料。
 懇親会は実費(4000-5000円程度)
- 参加申込について:
- 下の申込フォーマットに必要事項をご記入の上、
受付アドレスselinux-bof@xxxxxまで
E-Mailでお申込みください。
 - 締め切りは、6/29ですが、満席になり次第、締め切ります。
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
- その他注意事項
- 申込受付後のキャンセルは、原則としてお断りします。
尚、満員でお断りするなどの事情がない限り、
   こちらから参加申込の確認等のご連絡を差し上げることはありません。
- 申込時に頂いた個人情報については、勉強会を中止する際や
懇親会場所の連絡、受け付けの際の名簿などでのみ利用いたします。

-----------------申し込みフォーマット-------------
・氏名:
・連絡先E-mail:
 #通常の連絡先に利用します
・緊急連絡先:
 #当日の確認・連絡が必要になった場合に利用します。
 #携帯電話番号・もしくは携帯E-mailでお願いします。
 #連絡先のE-mailで連絡可能な場合は不要です。
 #(携帯に転送している場合など)
・参加
 ・勉強会:参加する or 参加しない
 ・懇親会:参加する or 参加しない 
 #懇親会のみの参加は、基本的にお断りしています。
---------------------------------------------------

以上です。皆様の参加をお待ちしております。


投稿者 xml-rpc : 2007年6月11日 22:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/60072
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。