2006年12月23日

[selinux-users:01815] Re: 新しいポリシ生成ツール -Madison-

おひさしぶりです。

藤原です。休暇に入りプチ開発態勢万全?です。

Madison って、ヘビーな名前が気に入りました。
ツールというより、フレームワークと言うのも
気に入りました。

新しい、refpolicy(12月12日バージョン)も見なきゃです。

> どちらも今度のSELinux symposiumで発表がありますね
> > http://selinux-symposium.org/2007/abstracts.php
> 色々面白そうな話がありますね。。。
> 行った人、レポートお願いします。

今年は、是非行ってみたいです!!
ああ、実はもう申し込んじゃいました。。

http://intrajp.no-ip.com/ my homepage
http://intrajp.no-ip.com/nucleus/ my blog
http://intrajp.no-ip.com/xoops/ SELinux Forum
http://intrajp.no-ip.com/pukiwiki/ SELinux Wiki

2006-12-21 (木) の 18:12 +0900 に himainu-ynakam@xxxxx さんは書きま
した:
> in message "[selinux-users:01813] Re: 新しいポリシ生成ツール",
> "Seiji Munetoh" wrote:
> > むねとうです
> > auditlogとReferencePolicyから人に優しいPolicy生成って事でしょうか?
> > setroubleshootなんかとも連携するんでしょうかねぇ・・・
> ちょっと、中身を見てみました。
> 今のところ、audit2allow相当のものです。
> audit2policyってプログラムが入ってて、
> 「-R」オプションで、refpolicyのマクロの生成をしてくれました。
>
> Madisonは、ツールというより、
> refpolicyのマクロ生成プログラムを実装するためのフレームワーク
> なんでしょうか。
>
> setroubleshootやsegatexとの連携も楽にできそうですね。
> (python使う必要がありますが。。)
>
> > どちらも今度のSELinux symposiumで発表がありますね
> > http://selinux-symposium.org/2007/abstracts.php
> 色々面白そうな話がありますね。。。
> 行った人、レポートお願いします。
>
> Yuichi Nakamura
>
>


投稿者 xml-rpc : 2006年12月23日 04:18
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/51714
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。