2006年12月15日

[selinux-users:01810] Re: seeditを使用して F-SecureAnti-Virus Linux Gatewayの新規ドメインの作成について


中村@作者です。

これは、audit2spdlのバグですね。。。。

ログ中の
tcontext=root:object_r:virusgw_tmpfs_t
ってのをみると、virusgw_tがtmpfsに作ったファイルへのアクセスを示しています。


allowtmp -fs tmpfs -name virusgw_tmpmfs_t r,x,s;
を追加すればよさそうです。

本来、↑の文が自動生成されるはずなのですが。。
直さねばです。。

教えてくださり、ありがとうございます。

Yuichi Nakamura

投稿者 xml-rpc : 2006年12月15日 17:26
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/51129
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。