2006年11月 6日

[selinux-users:01798] FYI: 第2回 トラステッド・コンピューティング ワークショップのご案内

むねとうです

2006年11月30日(木)〜12月1日(金)アイビーホール青学会館にて
第2回 トラステッド・コンピューティング ワークショップを開催されます。
SELinuxとは直接関連ないかもしれませんが、セキュリティネタということで
この場でも紹介させてください。

参加は無料ですが、登録が必要です。


--------------------------
The Second Workshop on Advances in Trusted Computing(WATC2006 Fall)
第2回 トラステッド・コンピューティング ワークショップ

拝啓 時下ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。

 情報機器の発達やネットワーク環境の多様化により、従来の境界型の
防護システムだけでは情報資産を保護することが難しくなってきています。
特にウィルスやスパイウェアなどの悪意をもったソフトウェアにより、
コンピュータシステムが危険にさらされ、攻撃のターゲットとなるケース
が増加しています。
 IT業界の主要150社以上が参画する団体TCG (Trusted Computing Group) で
策定の進むトラステッド・コンピューティング技術は、ハードウェアによる
信頼の要を利用したデバイス認証と、OSやソフトウェアの完全性を含むシス
テム全体の信頼を遠隔地から検証するための技術です。また仮想化技術では
ハードウェアを仮想化することにより、それぞれのマシン上で複数の分離した
実行環境を実現することができます。これらの技術を組み合わせた、次世代の
信頼できるITインフラストラクチャのための技術が、最近注目されてきています。
 本ワークショップでは、厳正な査読の結果、採録されました13件の最新の研究成果
に加え、TCGと仮想化技術について研究を行っている海外の研究者3名をお招きし、
その最新情報についてご紹介頂きます。


■開催概要
プログラム委員長:今井秀樹教授((独)産業総合技術研究所/中央大学)
運営 :日本アイ・ビー・エム株式会社
   ※本ワークショップは経済産業省からの委託研究事業
    「平成18年度 新世代情報セキュリティ研究開発事業」の一部です。
日時 :2006/11/30 (木) -12/1(金)
会場 :アイビーホール青学会館
    東京都渋谷区渋谷4丁目4番25号
    http://www.aogaku-kaikan.co.jp/
    ●地下鉄:銀座線・半蔵門線・千代田線下車
     表参道駅下車(B1、B3出口より徒歩5分)
    ●都営バス:(渋谷駅前←→新橋駅北口)
     南青山五丁目下車
招待講演:Prof. Ahmad-Reza Sadeghi (Ruhr University Bochum, Germany)
Dr. Ned Smith (Intel)
Mr. Ronald Perez (IBM)
定員 :150名 ※先着順
参加費:無料

■プログラム(予定、発表は英語で行われます)

<Preliminary Program>
Day 1 (November 30)
10:00-10:30 Opening Remarks

10:30-11:30 Invited Talks :Ned Smith (Intel)
The Role of Integrity Management Infrastructure in support of Proactive Security

9:45-11:30 Invited Talks

13:00-14:45 Session 1: Integrity Protection and Verification
- Flexible Integrity Protection and Verification Architecture for
Virtual Machine Monitors
Bernhard Jansen, HariGovind V. Ramasamy, and Matthias Schunter (IBM
Zurich Research Laboratory, Switzerland)
- Practical Integrity Measurement and Remote Verification for Linux Platform
Seiji Munetoh (IBM Tokyo Research Laboratory, Japan)
- A robust Integrity Reporting Protocol for Remote Attestation
Frederic Stumpf, Omid Tafreschi, Patrick Roder, Claudia Eckert
(Darmstadt University of Technology, Germany)
- Thin Clean Client for an Instant Trusted Environment
Megumi Nakamura, Seiji Munetoh (IBM Tokyo Research Laboratory, IBM Japan)

15:15-16:30 Session 2: DRM and Privacy
- Hades - Hardware Assisted Document Security
Patrick Roder, Frederic Stumpf, Ralf Grewe, Claudia Eckert
(Darmstadt University of Technology, Germany)
- Play it once again, Sam - Enforcing Stateful Licenses on Open Platforms
Ahmad-Reza Sadeghi (Horst-Goertz-Institute for IT-Security, Ruhr-
University Bochum, Germany), Michael Scheibel (Sirrix AG Security
Technologies, Bochum, Germany), Christian Stueble, Marko Wolf
(Horst-Goertz-Institute for IT-Security, Ruhr-University Bochum, Germany)
- Anonymous IP-Address Blocking in Tor with Trusted Computing
Patrick Tsang, Apu Kapadia, Sean W. Smith (Dartmouth College, US)

Day 2 (December 1)
9:15-10:00 Session 3: TPM/TNC
- Trusted Web Service
Zhexuan Song, Sung Lee, Ryusuke Masuoka (Fujitsu Laboratories of America, US)
- A Mobile Trusted Platform Module (mTPM) Architecture
Jesus Molina, Houcheng Lee, Sung Lee, Zhexuan Song (Fujitsu
Laboratories of America, US)
- Faerieplay on Tiny Trusted Third Parties
Alexander Iliev Sean Smith (Dartmouth College, US)

10:15-11:30 Session 4: Grid and Trusted Domain
- Enhancing Grid Security Using Trusted Virtualization
Hans Lohr (Ruhr-Universitat Bochum), HariGovind V. Ramasamy (IBM
Zurich Research Laboratory), Ahmad-Reza Sadeghi (Ruhr-Universitat
Bochum), Matthias Schunter (IBM Zurich Research Laboratory),
Christian Stuble (Ruhr-Universitat Bochum, Germany)
- Trusted Delegation for Grid Computing
Andrew Cooper, Andrew Martin (Oxford University Computing Laboratory, UK)
- Towards Multi Layer Trusted Virtual Domains
Yasuharu Katsuno, Michiharu Kudo, Yuji Watanabe, Sachiko Yoshihama
(IBM Tokyo Research Laboratory, Japan) Ronald Perez, Reiner Sailer,
Leendert van Doorn (IBM T. J. Watson Research Center, US)

13:00-14:00 Invited Talks : Ahmad-Reza Sadeghi (Ruhr University
Bochum, Germany)

14:00-15:00 Invited Talks : Ronald Perez (IBM)

15:30-16:30 Panel Discussion

16:30-17:00 Closing Remark

詳細は、下記URLをごらんください。
http://www.trl.ibm.com/projects/watc/


■申込み方法

 下記情報を「WATC2006参加希望」というタイトルで、E-mailにて
  事務局までお名前をお知らせ下さい。
* 参加申し込み先 E-mail: watc@xxxxx

- お名前:
- 御所属:
- 連絡先E-mail:

■お問い合せ先

 日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所
 ワークショップ事務局(担当 吉濱/渡邊)
* E-mail: watc@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2006年11月 6日 16:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/48951
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。