2006年11月 1日

[selinux-users:01794] Re: setroubleshoot


中村です。

> まだ何も起こりませんが、なにか出てきたら
> 形に書き留めたいと思います。
> やはり、ほとんどの資料が英語なのと、
> 足が早いので、難しいんでしょうね。
setroubleshootは、トラブルが発生しない限り何も起こらなかったりします。

こちらから設定をすることはないはずです。

/usr/share/setroubleshoot/plugins
を見ると面白いですよ。
pythonプログラムがたくさんあります。
ここに、予め、トラブルのパターンとその解決ロジックを登録してあるのです。
booleanの調整が必要なトラブルってのがほとんどのようです。
samba_enable_home_dirs.py とか。

あとは、すぐ試せる例としては、
mv ~/hogehoge.html /var/www/html
として、ブラウザからhogehoge.htmlにアクセスすると、アクセス拒否されますが、
その時、ポップアップが出てくると思います。

Yuichi Nakamura

投稿者 xml-rpc : 2006年11月 1日 08:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/48632
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。