2006年8月28日

[selinux-users:01719] YSLUG Meeting finished

藤原@横須賀市 です。

第1回横須賀Linux Users Group
ミーティングが無事終わりました。

平澤さんは、わざわざ埼玉から来ていただき
ありがとうございました。

FC5のモジュール方式を題材にSELinuxを
語る事が出来て楽しかったです。
結論的には、「自分で出来る所から慣れていこう」
という所に落ち着いたと思います。

選択肢も色々ありますので例えば、

実用的な場面なら
1 SPDL(seedit)
2 targeted Enforcing(FC5デフォルト)
+ segatex

軽く勉強するなら
targeted Permissive

本格的に勉強するなら
strict Permissive

普通のサーバ用途なら
strict Enforcing

政府用銀行系個人情報管理サーバなら
mls Enforcing

自分の環境と実力にあわせて
構築していけばいいのではないでしょうか。

勉強資料は、現在は英語のwebサイトが主流なんですが、
その辺はまだ敷居が高いのかもしれません。

私は、自分なりにできること(ツール作成等)
をやっていますが、BOOSTというライブラリに
依存しているためにイマイチ広まりませんけど...。

やはり結論は、seeditで決まりか?


投稿者 xml-rpc : 2006年8月28日 06:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/44700
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。