2006年7月 2日

[selinux-users:01666] SELinux howto pages?

藤原@夏休みが近いですね です。

楽しいキャンプもあるそうなので、宣伝でもしてみます。

FC5に換装していない人がいたら、されることをお薦めします。
モジュール方式の採用による資源の再利用化、共有化が図られており、
今風です。オブジェクト指向をかじった人ならすぐ理解できると思いますよ。

特に若い人は、触れておかないと損だと思います。
社会に出ても、結局セキュリティ上の問題にあらゆる場面で遭遇しますから。

reference policy というポリシが増えてますが、
これは、基準となるポリシのことです。
やはり、一般的言葉で「参照ポリシ」でもいいのかもしれません。
現在のSELinuxに携わる人の目標は、この「参照ポリシ」を
徹底的に練り上げる事だと自分は理解しています。
核心となるのは、インターフェースファイルです。
.ifという拡張子です。

昔のSELinuxのポリシといえば、.teファイルでした。
今もありますが、現在では.teファイルはそのポリシに
固有のルールのみを書くものになっています。

昔のSELinuxの有名人といえば先日来日したRussell Cocker
さんがいます。彼はもう主要開発者じゃありません。自分で言ってました。

現在のSELinuxは、本当にオープンなものになりました。
又、ドキュメントも色々増えてきました。
英語を読むことが億劫でなければ、かなり早く理解できると思います。

最近気になるページ等を紹介します。


Daniel J Walsh さんが紹介していました。
http://www.fedoraproject.org/wiki/SELinux

Paul Howarth  さんが紹介していました。
http://www.city-fan.org/tips/CreateRPMBuildEnvironment

中村 さんが紹介していました。
http://www.tresys.com/selinux/selinux-course-outline


SELinux Wiki http://intrajp.no-ip.com/pukiwiki/
SELinux Forum http://intrajp.no-ip.com/xoops/
my homepage http://intrajp.no-ip.com/
my blog http://intrajp.no-ip.com/nucleus/

投稿者 xml-rpc : 2006年7月 2日 00:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/38494
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。