2006年6月 5日

[selinux-users:01627] Re: LinuxWorldの写真

根津です。

UENO Shuichi wrote:
> 上野@横浜の戸塚です。
>
> # できれば「Content-Type: text/plain; charset=eucjp」
> # charsetは一般的(iso-2022-JP)なのにしていただけると助かります。

最低限、「charset=euc-jp」にして欲しいです。
eucjpというエンコーディング指定はすでにobsoluteです。

>> で、ちょっと思ったんですが、なんで大企業のブースがで〜ん
>
> うーむ。それは予算の関係でしょう。
> 予算を削られると、結構みすぼらしいブースになるのです(経験者)。

伝統的にLinux Worldは「コミュニティ」ではなく、「企業」ユーザに
目を向けた展示会なので元々の性格がそういうものだと私は思っています。
一時期のLinux World 2002までの.orgパビリオン自体がある種の異常な
状態で元々はビジネスユーザに慣れてもらうためのアプローチだったのだと
考えています。
あれだけのブースを無償で貸与していたのですから、すごいお金がかかった
はずです。
現在は、純粋にOSSはビジネスのツールになっているのですから、余計な
予算は出しようがないんでしょう。

>> とでかくて、本来のOSS精神を受け継いでいるはずの我々が
>> せせこましくしているのでしょうか。ライトニングトークも聞きたかったし、

誰もお金を出さないからです。
コミュニティという組織では労力は何とでもなりますけど、お金だけは
そうは行かないですからね。誰かがファンドしてくれないとそういう
ところは難しいです。

#無償で出してもらって、場所を借りているだけでありがたいと思うべきです。
#もし、大きいブースがあるべきと思うのでしたら、思う人がファンドする
#かスポンサーを捜してくるべきなのではないかと思いますよ。
#これこそOSSの精神なのではありませんか?(w

> 気持ちの持ちようかもしれません。若い人にかんばってもらいたい、
> 私もう少しがんばれるかな・・・。
> # X98でPEGCのドライバを作っている頃は、残業で11時過ぎに帰って
> # 修正パッチ作って・・・、そして、普通に朝出勤し、睡眠不足でも楽しかった。

今の若い人にはこれの「楽しさ」を分かっている人が少ないのが気になります。
ついでにいうと、「いじれるソース」が会社に入らなくても手に入る幸せも。
なんか籠の中の鳥の昔話を思い出させます。

>> 海辺でバーベキューとか楽しそう...
>
> こちらは、ぜひ呼んでください・・・(^^;。

++(^^ゞ

--
------
根津 研介 日本Sambaユーザ会/NTTデータ先端技術(株)
Microsoft MVP for Windows Security(Apr 2005 - Mar 2007)
日本Sambaユーザ会 : http://www.samba.gr.jp
802.11セキュリティサイト http://www.famm.jp/wireless
※「SELinuxシステム管理―セキュアOSの基礎と運用」
http://www.oreilly.co.jp/books/4873112257/


投稿者 xml-rpc : 2006年6月 5日 00:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/37215
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。